TOP > CATEGORY > 未分類
TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 9.11に捧ぐ。 

2006年09月12日 ()
アメリカの現地時間で、今はちょうど午後1時といったところか。


5年前のちょうど今頃にテロ事件は起こった。



新聞の一面を大々的に飾ったこの事件。
当時、俺は津田沼のとあるアパートで浪人生活を送っていた。



この事件を知ったのは、母親からの電話がきっかけ。



やたら胸が痛んだ記憶がある。


     ***** ***** *****


アメリカである映画を観た。

タイトルは


 『World Trade Center』


世界貿易センタービルに焦点を当て、
9.11事件の発生からその後の被害者の救出劇を描いた作品。


9.11テロ事件とはWTCに加えてペンタゴン、ペンシルバニアで起きた一連の惨劇を指す。

2001年9月11日にアメリカン航空とユナイテッド航空の旅客機4機がハイジャックされ、ニューヨークの貿易センター(WTC)ツインビルとペンタゴンなどに激突…。


それは想像を超えた世界。


そんな世界に、この映画を通じて一歩踏み込んだ。



いつ倒壊するやもしれぬビルに、勇敢にも救出に向かう警察官。
自らの生命を賭してまで救おうとした被害者の命。

その姿に真の責任感と勇気を感じた。


勇気とは、危険性を十分に知りながらも、
それでもその危険に自らを立ち向かわせる人のみが持つもの。


自分だったらきっとあのビルの中には飛び込めないなと。
そう思いながら映像を眺めていた。



ビルの倒壊に巻き込まれた2人の警官。
死を間際に家族への思い出が、走馬灯のように駆け巡る。

絶望的な状況にありながらも、
それでも「生」に執着し、生きようとするその姿。
自分にはまだ守るものがあると。

中には絶望の中、ビルの上層部から身投げする人もあった。

そんな中でも、一縷の望みにすべてをかける。
「生」への固執。魂の叫び。


何不自由なく生きていられる今が、どれだけ満たされていて、
どれだけ幸せな状況であるかを感じずにはいられない。



そして。

被害者の救出を心の底から喜ぶ家族。
被害者の発見に歓喜する捜索隊の面々。


人間っていいなって思ったね。
あったかいんだ。


人間関係の不和って、案外自分に原因があったりする。
心と行動が裏腹だったりしてね。


本当はさ、国籍も、人種も、年齢もまったく関係なんてなくて。


きっともっとみんな笑顔で向き合いたいはずなんだ。

利害関係があるから、あれこれいざこざが起こったりするけど。


片意地張らずに、みんなが笑顔で向き合える世の中へ―。



そのためにも、過去を知ることはものすごく大事で。



かの有名なことわざ。

     
     「歴史は繰り返す」


でも繰り返しちゃだめ。


だからこの日を忘れちゃだめ。





ちなみに。

この映画を観たあとに、隣のポーランド人がこう声をかけてきた。


   "It's very similar to Hiroshima & Nagasaki atomic Bomb.
    Don't you know how many people were dead?"


   (これは広島・長崎の原爆に似てるよね。
    その時、いったいどれだけの人間が死んだと思う?)


と。


俺が日本人であることに気づいたらしい。


広島・長崎の原爆によって、約21万人の死者が出たと言う。
今なお、およそ30万の人々が被爆者が放射能の後遺症で悩んでいる。


これに対し、9.11テロの犠牲者・死者・行方不明者の総数はおよそ3000人。
うち、2800人がWTCにおける被害者だった。

さらに、ここから無事生還できたのはわずかに20人弱だ。


アメリカはこの事件を忘れまいと、WTCをGround 0(原爆の爆心地)と名づけた。

日本の過去のそれとは規模はかけ離れているものの、それだけ精神的ダメージの大きい事件だったと言うことだ。




隣のポーランド人。
彼は親日で極新空手をやっていたそうな。



この映画を観て、人間の何たるかを考え号泣した自分だったが、
この彼との出会い、やり取りによって歴史を振り返ることの大切さを知る素敵な機会になった。



ただ辛さを忍ぶだけじゃだめ。
問題はその辛さを2度と引き起こさないためにどう行動を起こしていくか。


そんな月並みだけどとっても大事なことを考えさせてくれた9.11テロ。

ご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
[2006.09.12(Tue) 11:02] 未分類Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク あなたは自分の気持ちにまっすぐですか? 

2006年08月31日 ()
    ずっと探していた 理想の自分って
    もうちょっとカッコよかったけれど
    ぼくが歩いてきた 日々と道のりを
    ほんとは“ジブン”っていうらしい

       *****

    ねぇ ぼくらがユメ見たのって
    誰かと同じ色の未来じゃない
    誰も知らない世界へ向かっていく勇気を
    “ミライ”っていうらしい

         (『PROGRESS』by スガシカオ)


友達の日記にのっけられてた歌詞。
その中で心にずーんと響いたのがこの2つのフレーズだった。



アメリカに来て思ったこと。


それは誰もが自分の気持ちに正直だってこと。
自分の気持ちにまっすぐだから、すっげぇ堂々としてる気がする。


これまでの自分は、結局何も生み出してないんじゃないかって気がした。

自分の信念を持って熱く働く社会人、でっかい夢を持って走り続ける仲間…いろんな人から影響を受けては、自分の中でそんな気持ちを整理して自分の中に取り込んできた。

それでいいと思ってた。
それが自分の個性だと思ってた。

でもそれってなんだかフラフラしてるような気がしてならなかった。
自分らしさってなんだろって心底悩んだ時期もあった。

人と違うことこそが自分のidentityなんだと考えて、アマノジャクに徹したこともあった。

でもそんな表層的な違いって、実は微々たるものでしかなくて。

ある時に気づいたのは、自分らしさって自分の気持ちにまっすぐになることなんだってこと。

体裁なんて関係ない。



なんでこんなことを思ったのか?



きっかけはアメリカのホームレス。

彼らはコップを片手に物乞いをしてる。
じーっと座って待ってるだけの人はすごく少数で、大半は道行く人に自ら声をかけにいく。

断られても、何度でも。

「これが俺の生き方なんだ!」ってな感じで堂々としたその姿が、何か自分に訴えかけるものがあった。


お前はまわりの評価を気にしすぎて、自分の気持ちを曲げてしまってはいないか?、と。

自分の中では「俺は空気を読んでるんだ」って言い聞かせてはいるけれど、実はすべての行動に一貫性を無理に持たせようとはしてきただけなんじゃないのか?、と。


日本と違って、海外では自分の気持ちは言わなきゃ何も伝わらない。
自分の気持ちをなんとか汲み取ろうとしてくれる人なんていない。


そんな当たり前を再認識した今日この頃。
[2006.08.31(Thu) 15:48] 未分類Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

自分に欠けているものを再認識しました。 by ゆーすけ
僕は、自分が理系だからその強みを生かして・・・とか、どうせ文系就職は言葉で負けるからいいや・・とか自分の体裁を保つ為に無理矢理な理由を付けて諦めようとしてきました。周りに流され・・・の人生はもう嫌だ。このブログで、勇気をもらった気がします!!

コメントを閉じる▲

リストマーク 時間の価値とAlways。 

2006年07月26日 ()
素敵な文章があったのでここに書き記します☆

----


1年の価値を知るには
卒業試験に落ちた学生に 聞いてみなさい

1ヶ月の価値を知るには
未熟児を産んだお母さんに 聞いてみなさい

1週間の価値を知るには
週刊誌の編集者に 聞いてみなさい

1時間の価値を知るには
会うのが待ちきれない恋人達に 聞いてみなさい

1分の価値を知るには
電車やバス、飛行機に乗り遅れた人に 聞いてみなさい

1秒の価値を知るには
事故で生き残った人に 聞いてみなさい

千分の1秒の価値を知るには
オリンピックで銀メダルを獲った人に 聞いてみなさい

時間は待ってくれません
あなたの持っている全ての時間を大切にしなさい


-----


なんだか最近、時間の価値を低く見すぎていたような気がする。
映画『Always-三丁目の夕日-』を見て、切実にそう感じた。



スピード感溢れる生活は、どっかで大事なもんを犠牲にしてるみたいや。


俺はどんなに世の中がデジタル化を進めようとも、
頑なにアナログな人間関係を大切にしていきたい。


最近やたらと本を読むようになったからなのか、
他人の気持ちを推し量るのがちょっとだけスムースになってきたように感じる。
[2006.07.26(Wed) 03:33] 未分類Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク あなたは「優しい」ですか? 

2006年07月09日 ()
最近ほんと思う。

「優しい」ってなんなんだろなってね。


とかく俺は「人間関係に波風立てないこと」=「優しさ」ってイメージを強く持ってたみたい。

受け取る側にとってはね。


こないだ、アメリカ帰りのヤツがこんなこと言ってた。


 「俺は日本での立ち位置が分からない。
  日本では空気を読んで発言を控えるべき場面がある。

  でもそれはおかしいんじゃないか?

  言いたいことははっきり言うべきなんじゃないかな…。
  それがもうほんとわかんないんだ。」


ってね。



これを聞いて思ったこと。

それは俺の「優しさ」ってイビツだなってこと。



俺にとっての優しさは、大半(ってかほぼ全部!)がその先に相手の笑顔につながるもの。

じゃなきゃ、俺は発言を控えてたりする。
これって相手を信頼してないってことと同義なんじゃないかねぇ。



最近はあんま気にせずバンバン言うようにはなったけどね。

にしてもまだまだ甘いのかなと。
「今」に固執しすぎてんなってね。


これじゃとりあえずの応急処置にしかなりゃしねぇ。


大事なのは今いかに自分が不快にならないとか、相手を不快にさせないかなんてことじゃない。


その先にあるんだよね。
そっから先の未来の人間関係に、ね。



言わなくても空気で相手の気持ちを察知して行動する、それが日本における美徳なわけだけど。

でも、それって下手したら単に相手のご機嫌とりでしかないわけなんだよね。

そんなんでしかつながれない関係ってどんだけ陳腐なもんなんだろ。



相手をもっと信じて、相手の気持ちも考えた上で、もっと的確な言葉を投げかけられる人間になりたいもんだ。



ちなみに、作家のグレアム・グリーンはこんなことを言ってる。


  『人は誰も他人を本当に理解することはできないし、
   他人の幸福を用意することもできない。
   幸せは自分の力でつかむもの。』


だってね。



あなたは「優しい」ですか?

あなたにとっての「優しさ」って何ですか?
[2006.07.09(Sun) 14:44] 未分類Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 突き進むこと、思いを貫くこと。 

2006年05月27日 ()
就活が終わって内定者ブルーに陥るのが嫌だった。


就活で学んだこと。

自分の気持ちにワガママになっていいってこと。


一方通行に終わらないワガママね。


自分の気持ちに素直になって、
あくまで自分の思い本位信念
を貫くこと。


それがワガママ



自分が本当に幸せになるためには、

自分にまっすぐに、
思いをまっすぐに貫くことが大事。



ふと思った。

今、自分がやりたいことってなんだっけって。



自分の思いにワガママになってもいいんだけど、

それが自己満足であっちゃダメ。



責任感の強さから自分を制しているだけなら、

それもまたダメ。




今の自分、ほんとに思いを貫けてるのか?

俺は何がしたいんだ?



改めて自分に問いかけてみる。



その答えが今、見え始めている。
[2006.05.27(Sat) 11:12] 未分類Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

わかる。。。 by natsuko
そしてその答えは?

今度教えてね☆私は見つからないの。

コメントを閉じる▲

TOP | NEXT

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

CALENDAR  

のぶの興味@本。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。