TOP > CATEGORY > 突撃!会社訪問。
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 会社訪問 -H興業-。 

2005年11月13日 ()
本日2つ目のお話。

このイベントは鉄鋼系総合商社のH興業説明会ってか、
商社ってものを知るのにとてもいいものだった。

これまた3時間半と長丁場なイベント。
やから心に残ったお話をダイジェストで書き留めたい。


■内定者座談会より。

□「商社」に決めた理由はなんですか?

 「結局ポイントは人間力かな。
  商社の資本って結局そこで働くなのね。

  よく聞かれるのがメーカーとの違いやけど、
  メーカーってのは結局商品力で決まるのね。

  それに比べて商社にはコレっていうお決まりの商品がない。
  商社ってのはビジネスモデルを作り上げるもんやから。

  あとは海外で働きたいって気持ちがあったから。
  メーカーでも海外に行けるんだけど、
  やっぱ何が売りなのかってとこで商社がよかった。

  貪欲さチャレンジ精神が求められる点もよかったね。」


□どんな人が同期に多いですか?

 「やっぱ学生生活を楽しんでる人が多いね。
  好奇心たっぷりでさ、何かをやりきった経験がある人とか。
  やりきった経験がある人って魅力的だな。
  そういう人って企業の側からも魅力的に映るんじゃないかな。

  あと会話を楽しめる人が多いね。
  人当たりもいい!」


□就活中の失敗から学んだことはなんですか?

 「就活を始めるのに早すぎることはないってこと。
  就活を早くから始めてる人はモチベーションも高いしね。
  そういう仲間といるとお互いにすげぇ成長できるしさ!
  現状に満足せずにいられる環境が大事だね。

  あとは業界を絞りすぎるなってこと。
  月並みな言葉だけどさ、いろんな会社の話を聞けるのは今だけ!」


□何かアドバイスをお願いします!

 「自分の就活は自分で創れ!ってことだね。
  溢れる情報をいかに取捨選択するかが大事。
  ESもさ、何を聞かれても自分がYESといえるもの書きな。
  やっぱ嘘はばれるよ!
  商社って人が財産だからね。人事の目は確かだよ!」


<のぶの感想。>

このあと社会人1年の方にもお話を聞いたんやけど、
人事の方の目はほんとに確かだってさ。

配属も本人の希望を聞きながらも人事が決めるのね。
勤務が始まって7ヶ月、やっぱその目は正しかったそうな。

商社マンはやっぱりカッコイイと思った。
何でもやれる雰囲気と環境がすごく魅力的だ。

逆に言えば、やりたいことが明確じゃないとしんどいのかなと思った。
が、俺はいまんとここの商社が1番のお気に入り企業だったりする。
まぁまだ変わる可能性もあるけどさ。
スポンサーサイト
[2005.11.13(Sun) 03:28] 突撃!会社訪問。Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 内定者訪問 -M商事-。 

2005年11月13日 ()
記念すべき初の内定者訪問!
今回はサークルの先輩に突撃インタビュー☆

全部を文章化すると長くなりすぎるからさ、
ポイントをQ&A形式でプレイバック。


■就活を振り返ってどうですか?

 「いや~、後悔はたくさんあるね。
  自分の就活プロセスはほんとによくなかった。
  もっとこうしておけばよかったなぁ、とかね。
  ブランドイメージだけで選んでるとこあったし。
 
  今になっていろいろ考えてみたのね。
  ほんと運がよかったのはさ、
  ちゃんと考えた結果なんとなくのイメージと一緒だったこと。
 
  いまもう1回就活をしてもやっぱり俺は商社がいい。
  他に受ける企業はもっと幅が広がってただろうけど。
  本当にこの点では運がよかったな。」


■じゃあなんで「商社」だったんですか?

 「昔から発想が海外にあったんだ。
  勉強を一生懸命やるにしても、
  勉強できる同級生のことなんか相手にしてなくてね。
  いつも『アメリカ人はどうなんだろう?』って発想だった。

  あとはね、優秀な人と働きたいって思ったからかな。
  自分を高めるには環境も大事だからね。」


■なるほど、海外志向だったんですか。
 でも海外がいいってだけなら旅行会社でもいいんじゃないですか?


 「そうだね^^;
  それはもっともな考えだよね。

  でもさ、俺はさっき言った考えからいつしか
  『世界の中の日本人ってどうなんだろう?』
  って考えるようになったんだ。

  外国人の抱く日本人のイメージってさ、
  自己主張ないとかネガティブなイメージが多いでしょ?
  それを自分が変えたかったんだ。
  そのためにも世界をフィールドにした仕事がしたかった。

  『世界中のたくさんの人とつながれる』
  これが商社を選んだ軸だったね。」


■就活を通じて何か変わりましたか?

 「考え方がまったく変わったよ!
  森永卓郎的な考えから資本主義的な考えにね。

  就活始める前は仕事は生活の1部にすぎない。
  趣味や精神の豊かさこそが大事なんだって思ってた。
  仕事を一生懸命やる人が理解できなかった。

  日本人ってバリバリ働くじゃん?
  働いてばっかいるから精神の豊かさがないんだって思ってた。

  だから3年の夏もインターンとかせずに旅行に行ってた。
  ひとりで海外旅行するほうが、
  よっぽど意味あることのよううに思えたんだよね。

  バイトも3月まで続けたよ。
  就活だからって生活スタイルを変えるのはおかしいと思ったから。
  4月はさすがに忙しくなってバイトを辞めたけどね。

  ところが…

  就活を進める中でいろんなビジネスパーソンの話や本に出会い、
  仕事に対する野心が強くなってきたんだ。
  仕事をできるようになりたい、バリバリ仕事したい、
  将来は会社をつくりたいって思うようになってったね。」


■就活生へのメッセージをお願いします!

 「自己分析やら面接の練習…
  いわゆる普通の就活も大事かもしれない。
  でも忘れちゃいけないのは内定は通過点だってこと。
  
  1番大事なのは自分の価値を磨くことだよ。
  どんなに就活がいそがしくなろうとも、この意識は大事!
  ESの書き方を学ぶ時間があるなら簿記の勉強したほうがいい。
  自分の価値を高めるよう努力するべきだね。

  結局、細かいテクニックより、パッションが大事!
  心を込めて相手に伝えようとする姿勢があれば、
  絶対にその思いは相手に伝わるから。
  自分を偽っても意味がないんだよね。

  あとは本を読むことかな。
  知識や教養をつけてより広い思考ができるようにするために。
  もちろん新聞もね。」


<のぶの感想。>

やっぱ方法論に走るのは違うんだなって思った。
自分を偽って内定もらっても、入ってからがしんどいし。

それ以上に、
やっぱ自分の思い自分の言葉で語れる人はカッコイイし、俺はそんな人になりたい。

これからすべきことはもっといろんな価値観の大人に出会うこと。
会って自分の理想のカッコイイ大人の考えに触れたい。
今はまだ遠い理想かもしれない。
でもいつまでも俺はそれを理想にとどめておくつもりもない。

最高にカッコイイ大人になるために、
将来自分がなりたいビジョンを練り上げて、
その実現に向けたベストな就活をやりとげたいと思った対談。
[2005.11.13(Sun) 02:55] 突撃!会社訪問。Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク OB訪問 -某キー局N社-。 

2005年11月09日 ()
今日はゼミの先輩と対談した☆
すでに第一次選考が終了しているN社ね。

その模様をここで公開します^^
わかりやすいように会話タッチでお送りします☆


■やりがい

今の話で言えば、将来の目標につながる感覚だね。
この修行してる感覚がやりがい。
たしかに雑用だったり、ちょっとした仕事かもしれない。
でも将来にどうつながるかが見えてるからがんばれるし楽しいね。

■自分がテレビ局向きだと思った理由

どんな凄惨なシーンであっても、
どこがどう使えるかを考えてしまうところがあるから。
要は自分のキャラだよ。

結局さ、どんない辛い悲しみも当事者以外に感じ得ないからね。
「私」としての感想は「気の毒」であっても、
「記者」としての自分はどこが使えるのか、
その事件の本質に目を向けてしまうんだ。

それも今に始まったことじゃない。
これは俺の哲学なんだ。

■仕事が好きだと思える原動力

これがあるからがんばれるというものは正直ない。
今の生活自信に学ぶことはたくさんあるけどさ。

ただあえてひとつ言うならかな。
来年、再来年に向けた夢を持っているからこそ今をがんばれる。

■学生時代

ひたすら自分を磨いていたかな。
問題意識を常に持って行動してたよ。
やはり自分の頭で考える習慣は大事だと思うな。

■会社と大学の違い

会社の人間はみんな意見を持っているね。
逆に学生はあまり意見を持っていない。
大きな違いは自分の意見に責任を持つか否かだね。

■一緒に働きたい人物像

安直じゃない笑いを求める人、自分の美学を持っている人
そして音楽や絵画を知っている人。

■就活生へのメッセージ

萎縮してもなお自分の中で消えない炎を持っていられる、
そうしたらそれは本当の自分なんだ。

もしそこで炎、つまりは強いパッションが消えてしまうようならば、
そこはあなたのいるべき場所じゃない。

自分にとってどう生きるかが大事なんだ。

  就職≠ステータス

自分を取り繕ってもバレます。
自分の抱くパッションを大事にしてください。


あいかわらずすごい人でした☆
そして自分考えは間違ってないと確信した!
(参考:昨日のブログ記事「就活論」参照)

やっぱ大事なのは自分の軸やね!

踊らされるな!自ら踊れ☆
[2005.11.09(Wed) 02:58] 突撃!会社訪問。Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by まさき
責任ってほんとに大切だよね。



最近実感することがあって最近はパッションに欠ける日々になってしまっています。。。

by のぶ
>まさき

責任は大事!
自分がマジになれないものに責任を持つことほど辛いもんはないと思う。
やからこそ、就活は妥協しちゃいけないんだと思うな。

ってかなぜ実感からパッションが消える!?

コメントを閉じる▲

リストマーク T社 -ITと人材による総合情報サービス会社-。 

2005年11月04日 ()
出来ました!新しいカテゴリー☆
その名も「突撃!会社訪問。」
ここではのぶが興味を持って実際に訪問した企業の話を綴ります!

のぶがどんな観点で企業を見ているかも書きます。
「みんなの企業を見る視点」も聞きたいので、
よかったら気軽にコメントください☆



さて、今日は朝から渋谷にあるT社の本社へ行ってきました!
Marketing Chain Managementをサービス概念にする会社ですわ。

感想を一言。
行ってよかった!ほんとに大切にしてる会社なんだと実感☆

ってか受付を済まし、エントランスで呼ばれるの待ってたら…

 「お待たせしました、M物産さま。」

って!!

かなりT社はデカイ企業やと認識した瞬間やったね。

渋谷にキレイで素敵な自社ビルを構えていることからも、
改めてこの会社の経営状態の良好っぷりを認識。


さてさてこのT社、あんま知らない人がいないかもしんないね。
Ask.jpの生みの親と言えばわかる人もいるのでは?


具体的な事業内容や企業データは最後に書くとして、
まずは訪問で聞いた内容をフィードバック!
対談してくださったのは営業の一線で活躍中、入社8年目の方です!


【対談】

  のぶ :「人を突き動かす極意みたいなのってありますか?」

 社員さん:「日頃の何気ないコミュニケーションかな。
       コミュニケーションって言うと飲み会のイメージない?
       それももちろん大事だけどやっぱ基本はアイサツ
       毎朝アイサツしてくる人の頼みはやっぱOKしちゃうよね。

       砕けた話はもちろん、仕事の話もちゃんとするし。
       大事なのはやっぱり人対人の泥臭さにあるかな。」

            *****

  のぶ :「効果的なプレゼンには何が必要だと思いますか?」

 社員さん:「ズバリ自分の言葉で話すことだね!
       もっと具体的に言うとね、
       誰に何を言えばいいかを明確に意識することだよ。

       相手をちゃんと意識して、
       その人にきちんと伝えるための準備を入念にする。
       準備に8~9割のウェイトをかけるべきだと思う。」

            *****

  のぶ :「チームにモチベーションが低い人が低い人がいたとします。
       その時はどう対処しますか?」

 社員さん:「その人に何をしてあげればモチベーションをあげてくれるか、
       それをまず考えることだね。
       その人の力量+αの仕事を与えるんだ。

       モチベーションが低いからって、
       誰でもできるような仕事を任せたんじゃダメなんだよ。
       人間誰しも自分の力量+αの仕事をやりたいと思うもの。
       でもそうなるとその人の力量を正確に把握しなきゃだめ。
       力量を推し量る能力の有無
       これがデキルリーダーか否かを分けるんだよ。」

            *****

 のぶ :「今まで会ったすげぇと思う人ってどんな人ですか?」

社員さん:「しんどい時に逃げない人だね。
      突然の仕事で、徹夜しなきゃいけない。

      このあとデートが控えててもその仕事に立ち向かえる人。
      睡眠不足できついときにその仕事に挑める人。
      犠牲にするものはあるけどそれでもがんばれる人。
      家族とか恋人との関係は大変かもね(笑)

      そんな人を見たらほんとすごいなって思う。
      そういう人がたくさんいるね、この会社は。」



この対談から思ったこと。
デキルビジネスパーソンはほんと誰もが似たような言葉を言うってこと。

それでも毎回飽きることなく聞く事ができる。
それはすべて自分の体験にひきつけてた自分の言葉で語っているから。

カッコいい大人に、俺もなりたい。
ってかなってやる!


この会社に興味を持ったそこのアナタ
T社の企業データ、そして事業内容は続きをクリックしてみてください☆
でわでわ!
Open↓

それではT社の概要を。
のぶ的なコメントも一言添えつつざーっとね。

【社員の方から学生へのメッセージ】

 企業ブランドやイメージだけにとらわれないでください
 実際に自分の目で見て会って確かめて、納得のいく就活をしてください。

【企業データ】

 ◇設立:1985年6月(創業は1966年)

      →今年で20周年!ギリ自分より若い会社。

 ◇資本金:290億6596万円(05年3月現在)
      ※ 97年、東証1部上場

      →ほほう、設立から12年で上場してるんだ。

 ◇事業所:本社/ 東京 本部/ 大阪 
      事業所等/ 札幌・仙台・名古屋・和歌山・福岡
      海外拠点/ 米国(ニューヨーク、シアトル、シリコンバレー、ロサンゼルス)
           中国(天津)、韓国(ソウル)ほか

      →かなりグローバルな会社みたいですな。

 ◇主要取引先:国内企業約800社
    (主な業界:情報サービス、コンピューター、医療、金融、物流、サービス等)

      →BtoBの会社ですね。

 ◇社員数:単体 6379名(05年3月現在)
      グループ 7604名(05年3月現在)

      →けっこう規模が大きいみたいやね。


【事業内容】

 「ITと人材による総合情報サービス」それが当社の事業の核になります。
 ただ、この言葉を聞くと「この会社もITサービスか…」と業界研究をされて
 いる皆さんは感じるかもしれません。 しかし、トランスコスモスの事業は
 「IT」という言葉だけでは語り尽くせないのです。 少しわかりやすく説明
 しましょう。 商品を売買する。何らかのサービスを受ける。色んなビジネ
 スの姿が世の中にありますが、 全てに共通するのは、事業を動かす
 仕組みがあり、企業と消費者は必ずつながっているということです。

 私達の事業は、そんなビジネスの大原則に対し、IT技術と人材という2つの要素を組み合わせたサービスを提供、企業と消費者の両方にメリットを生むというものです。

 “私たちはこんな事業をしています”

  ITと人材による総合情報サービス
  ◆マーケティング支援
  ◆システム開発支援/機械設計・建築設計支援
  ◆ITサポート支援



【風土】

 これまでお客様のもっと「こうしたい」をカタチにすることで成長を続けて
 きました。 お客様と共に成長してきたと言っても過言ではありません。
 そこに必要なのは、お客様と共に悩み、考え、一緒になって問題を解決して
 いく『顧客第一主義』のマインドです。 そのマインドを育成するために
 は、自由な発想を求める社風、切磋琢磨し合える仲間、何よりも社員の成長
 を促す環境が不可欠だと考えます。 やりたい事をやりたいと言える社風が
 あり、前向きで向上心がある社員がチャンスを掴み評価され、自ら手を上げ
 た人に責任ある仕事を任せていく・・。社員が活躍できるステージを数多く
 用意しています。

Close↑

[2005.11.04(Fri) 13:03] 突撃!会社訪問。Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

CALENDAR  

のぶの興味@本。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。