TOP > CATEGORY > のぶのオススメ!(本とかいろいろ)
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 無趣味のすすめ。 

2006年02月27日 ()
今日は友人とたくさんしゃべった。

シュウカツのこと、ESの添削、過去のこと、将来のこと。


今日もまた自分をより深く知ることができた。
そのきっかけはみんなとの会話。

感謝です。


昨日も逆求人で知り合った人材系の会社の方とお話。
ノリノリで4時間ほど。

ほんと楽しかった。

恋愛話も交え、基本熱くマジメに語りまくった!!

やっぱり社会人の考えってのは、
学生のそれとは大きく違うなと改めて実感。

もっと社会人と話さなきゃ。
来月はOB訪問の強化月間☆


実はあんまちゃんとOB訪問はしたことなかったりする。

いろんな年代の方に話を聞いたり、聞いてもらったりしたいし。
学生視点を洗練させたいんだよね。


みんなのシュウカツ、どうですか??




さて、本日の本題。

今日は電話してるときに友人から1冊の雑誌を勧められた。
その名も…

     『GOETHE(ゲーテ)』
        goethe.jpg



趣旨は

     「プライベートと仕事は切り離すことはできない」


キャッチフレーズは

     「仕事が愉しければ人生も愉しい」

と。


なんで「楽しい」じゃなくて、「愉しい」なんだ??

ってことで調べてみた。


【楽】たのしい。
   らく。

【愉】わだかまりなくたのしい。
   心中にわだかまりがない。


ほほう。

そうか。

【愉】は心底たのしいって意味なのか。


     「仕事が愉しければ人生も愉しい」

なるほどね。


で、このゲーテ。
なんかかの有名な雑誌『LEON』とコンセプトがかぶるなぁって思ってたら!!

なんとこれ、LEONの中核メンバーが抜けて作った雑誌なんだそうな。

言葉を借りれば、「LEONからちょいワルを抜いた」感じ。

品のよさやエレガントさがテーマなんだそうな。


まったく俺にソグワナイ(笑)


そんな雑誌の冒頭に、村上龍がこんな記事を寄せていた。
編集部の方も雑誌のコンセプトにぴったりと絶賛。

俺もこれにはすごく共感。
やっぱ働くにあたって大事にしたい思いはそこにある。

仕事を愉しみたい。
そんな大人が俺にとっての理想で「カッコイイ」大人なんだ。

「働く」と意味を考える上でも、一読の価値はあると思うのでぜひ☆

前々回に書いた「シュウカツとタイタニック(http://knoblog.blog14.fc2.com/blog-entry-115.html)」で述べたような、
生き方選びの観点も参考にしてみてください。

そんな記事の抜粋(幻冬舎『GOETHE』より)↓
Open↓


無趣味のすすめ ―村上龍

 まわりを見ると、趣味が花盛りだ。手芸、山歩き、ガーデニング、パソコン、料理、スポーツ、ペットの飼育や訓練など、ありとあらゆる趣味の情報が愛好者向けに、また初心者向けに紹介される。

趣味が悪いわけではない。だが基本的に趣味は老人のものだ。好きで好きでたまらない何かに没頭する子どもや若者は、いずれ自然にプロを目指すだろう。


 老人はいい意味でも悪い意味でも既得権益を持っている。獲得してきた知識や技術、それに資産や人的ネットワークなどで、彼らは自然にそれを守ろうとする。

だから自分の世界を意図的に、また無謀に拡大して不慣れな環境や他社と遭遇することを避ける傾向がある。


 わたしは趣味を持っていない。小説はもちろん、映画製作も、キューバ音楽のプロデュースも、メールマガジンの編集発行も、金銭のやりとりや契約や批判が発生する「仕事」だ。

息抜きとしては、犬と散歩したり、スポーツジムで泳いだり、海外のリゾートホテルのプールサイドで読書したりスパで疲れを取ったりするが、とても趣味とは言えない。


 現在まわりに溢れている「趣味」は、必ずその人が属す共同体の内部にあり、洗練されていて、極めて安全なものだ。考え方や生き方をリアルに考え直し、ときには変えてしまうというようなものではない。

だから趣味の世界には、自分を脅かすものがない代わりに、人生を揺るがすような出会いも発見もない。心を震わせ、精神をエクスパンドするような、失望も歓喜も興奮もない。

真の達成感や充実感は、多大なコストとリスクと危機感を伴った作業の中にあり、常に失意や絶望と隣り合わせに存在している。


 つまりそれらはわたしたちの「仕事」の中にしかない。


(出典:『GOETHE』特大創刊号 P.27 /幻冬舎)




【問】リスクに直面したとき、あなたはどうそれを乗り越えてきましたか。

ESでこれを聞かれる意味が、深く、リアルに理解できたのはこの文章のおかげだ。

Close↑

スポンサーサイト
[2006.02.27(Mon) 00:13] のぶのオススメ!(本とかいろいろ)Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ストレートな思いを大切に。 

2005年10月31日 ()
322539view001.jpg


今日は映画「私の頭の中の消しゴム」を観に行ってきた。
http://www.keshigomu.jp/index2.html


感想を。

 恋人をもっともっと大切にしよう

って思えた。

CMとかで「ほんと泣きました」みたいなんあるやん?
あれあんま信じてなかったのね。

でも感動的なストーリー好きな俺はやっぱ泣きたい…と思い、
せっかくやからってことでお台場まで足を運んだ。

いや~、メディアージュってすごいね。
http://www.cinema-mediage.com/
音響ばっちしやしなにより席が広くてゆったり!
まったく疲れなかった。

イメージソングの「遠い日」(By アンダーグラフ)もマジいけてます!

あ、そういや協はハロウィンだっけ☆
お台場もハロウィンイベントやってたや。

で、映画。
これほんと泣くよ!間違いない。

詳細は言うとつまんないから避けるけど、
こんなにも人を純粋に好きになれたらいいなって思ったよ。
なんか高校時代を思い出した。

高校時代。
あの頃は自分の気持ちにすっげぇ正直だったっけ。
好きな子ができたらその思いをストレートにぶつけてたあの頃。
フラれてもフラれても挫けなかった。

大学に入ってから。
なんか変わった気がした。
高校時代に抱いてたあの純でまっすぐな恋心はどこへ。。
傷つくことに恐れてる気がする。
高校時代のスタイルのほうがイケてた気がしてならない。

就活も一緒。
自分の思いをストレートに汲み取ること。
これが大事な気がする。
社会的評価や変なプライドは要らない。

まっすぐな思いを大事にしなきゃ。
今日会ったある会社の社長さんも同じコトを言ってたっけ。
やっぱ大事なのは本質か。

【本日の教訓】
何が大事で何が不要か、それは自分の魂に聞くべし。

[2005.10.31(Mon) 23:13] のぶのオススメ!(本とかいろいろ)Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by まさき
俺も今度観に行ってくるよう!!!!!
この前、蝉しぐれを観て来たんだけど、女の子と行くのは・・うーんお勧めしませんw
なんかジェネレーションギャップを感じた作品でした。。。

コメントを閉じる▲

リストマーク 就職後の曖昧なイメージを。 

2005年10月06日 ()
「今日はやっぱドイツのお話の続き書くべきだよな…」

って思ったりしたけどそこはスルーで☆
そんな話ばっか書いてもみんなつまらんやろうし。。

ってことで新しいカテゴリ作った!
その名も…

  「のぶのオススメ!」

けっこーいろんなものに影響されやすい自分。

必要以上に感動しすぎと言われたらそれまでやけど、
そんだけ感動するもんあったら誰かしらの心にも響くのでは??

そんな思いからこのカテゴリつくってみた☆
気軽に読んだってください。

本、音楽、観光地、お店 … etc...
お気に入りのいろんなもんを紹介してきます^^


さてさて、スキマスイッチの「永遠の夏」を聞きながら
さっそくレビューを書いてみたいと思います。

今日取り上げるのはコチラ↓

   「20代 仕事筋の鍛え方」
   (山本真司・著、ダイヤモンド社)

       20051006000934.jpg


この本。
ほんと今の自分にぴったりな本やった!

作者は大手外資系コンサルの人。
本の表紙を見てもらったらわかると思うけど、
なんかとっつきやすくてやわらかい感じしない??

中身もそんな感じ。
問題点を抱えた若者3人と山本さんの対話形式ね。
小説っぽくてめっちゃ読みやすい。


いまみんなはこんな思いを抱いてないだろうか?

 「この会社で3年働いて□□能力つけて、
  そしたら転職して、次は○○能力身につけて…」

なんていうキャリアプラン。

かく言う自分もそう考えてるけどね。
何の疑問もなくただなんとなく。

  でもそれってどうなの?

っていう問いかけをしてくれてるのがこの本。

打算的だった自分を振り返り、
いま一度よく考えて自分の方向性を定めるきっかけをくれるハズ。

これから本格的な就職活動を迎えるということで、
何を基準に会社を選ぼうかかなり悩んでる自分。

そんな中、自分の中でかなり大きな軸になっていたのが

 「自分が定めるゴールにたどり着くまでの最短距離を描くために、
  どんなキャリアプランを描くか。
  つまりはそんなキャリアをどのペースで積んでいくか」

というものやった。

本を読んで就職活動に対する姿勢もかなり変わったかな。
いや、正確には一辺倒じゃなくなったのかな。
視野が広がった。

  「どんな能力をつけるか」

ではなく、

  「自分は何がしたいのか」

という軸を大事にしたい。
そういう考えの変化がちょっとあった。

僕には以前から興味ある仕事がいくつかあった。

が、

「儲からないから」
「目指すゴールにたどり着くには遠回りになるから」

といった理由で、
泣く泣くその方向性を自分で制限していたように思う。

そんな姿勢から一変!
自分の素直な気持ち本位で考えられるようにもなった☆
この変化はかなり大きいと思う。



以下は本を読んで自分が思い巡らした思考の足跡。

日本の若者特有の傾向として指摘されるのが、

  「就社」

って視点。

「就職」って言葉は名ばかりで、
就職先には「知名度」や「給料」なんて部分しか求めない。

まぁこれは昔からよく言われてきたことですよ。
最近は仕事に「やりがい」を1番に求め、
給料や知名度なんて二の次なんて傾向がでてきたけど。

自分はどうか?

ぶっちゃけ「給料」はすごく意識してた。
なぜなら昔から親にそう言われ続けてきたからだ。

  男は金もうけてなんぼやで!

この考え、めっちゃよく分かる。

やから今後のキャリアを考えるときの軸が、
知らないうちに「給料」になってたりする。

そうすると短期的な成長が必須になってくる。
はやくその道のプロフェッショナルになって、
今度は違う分野のプロを目指す…

まぁお金はついてくるやろうね。
でも「やりがい」=「お金」だけってのはどうなんだろ。。

もちろんプロになっていけばその道での成長は実感できる。
それはきっと糧になるし、自信につながる。

でもその道が自分の価値観からしてどうでもいいことだったら…
きっと辛いんやろうね。

みんなは将来どんな大人、どんな親になりたい?
自分は子供に尊敬される人でありたい。

子供が憧れるような職業をやってればいいってことじゃないよ。

自分の好きなコトってか、
やりがいを感じられるものに全力である大人でいたい。

何かに夢中になってる人は魅力的だと思うからさ。

たとえば…

  バスケにて。
  ラスト5秒。
  点差は5点のビハインド。
  走っても追いつけないルーズボール。
  それをなんとか拾おうと必死で追いかけつまづく彼。

  そんな彼を見て、誰が大声上げてあざ笑うか?

なんかちょっとピンとのずれた例ですんません。
そんなん理想論だって言われるかもしれません。

でも自分はそんな親の背中を見て、素直にスゴイって思ってきた。

だからきっと自分にもできるはず、と信じてる。



そんないろんなコトを考えるきっかけになった1冊。
就職後、自分がどうありたいかってヴィジョンを描くための材料が、
この本にはあると思います。

別にこれがすべてってわけじゃないけどさ。
ひとつの指標にはなるんじゃないかなって思った。

なんかわかりにくいレビューですんません^^;

次からはもっと分かりやすく書きますから!!

ちなみに山本真司さんのブログはこちら↓
   http://rr.yamamoto-shinji.com/
[2005.10.06(Thu) 23:44] のぶのオススメ!(本とかいろいろ)Trackback(1) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by koo
いや、なんかよい感じだよー

ちょい本屋でみてみよう★

by あんず
のぶちゃん、やっぱりドイツ語の先生からメール帰ってこなかったぁ~↓↓
学校用のアドレスだから辞めた後開いてないのかも~。
役に立てなくてごめんね…。

by のぶ
>koo
コメントさんきゅ☆
そう言ってもらえるとうれしいな!
とはいえもっとええもん書くように努力はします!!

コメントを閉じる▲

リストマーク ビジネス雑誌。 

2005年09月15日 ()
本はあんま好きやなかった。
めっちゃ興味ある本やなかったらまず読まなかった。

でもこの夏、いろんなビジネスパーソンに会う中で
やっぱ本って大事だなって認識。

いろんな話聞いて興味を持つようになったトピックが増えたからかも。

で、いざ本を開いてみる…まぶたが重くなる。。
電車ん中で読もうとする…まぶたが閉じてしまう。。

こりゃあかん!ってことでとりあえずビジネス雑誌を読むことにした。
だって手軽やん☆
区切りよくいろんなトピックを短時間で読めるしね!

でどんなん読んでるかっていうと…

 Ⅰ 日経ビジネスアソシエ (日経BP社)
  ビジネスの現場で役立つ方法論を紹介。
  時事ネタの解説も豊富。
  図解がたくさんあるので楽しく読める。

 Ⅱ 日経ビジネス     (日経BP社)
  ターゲットは会社の中間管理職~トップを意識してる雑誌。
  ビジネスのトレンド最前線がわかる本。
  いろんな企業のがんばりを知るのに効果的。

 Ⅲ THE 21      (PHP研究所)
  これ実はかなりお気に入り。
  雑誌のテーマはおそらく「ビジネスセレブ」
  今波に乗ってる成功者の話が読める本。
  モチベーションあがります!

 Ⅳ PRESIDENT  (プレジデント社)
  これはたまに読む感じ。
  やから一概に「こういう雑誌!」って言えない。
  とりあえず読んでみて。

かな。

中でもⅡの日経ビジネスは学生に優しい
何がって??
そう、学割が使えるんです☆

でも最初に一括で1年分払わなきゃいけないから悩んでた
そんなこんなでついに購読を決意!

学割使うと1冊あたり50%OFFに!

これはおいしいっすよね☆
1冊が半額なんですから

他にも定期購読にさらに学割使える雑誌ないかな☆

ってかみなさんのオススメの雑誌って何ですか??
[2005.09.15(Thu) 00:23] のぶのオススメ!(本とかいろいろ)Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by つかっち
日系ビジネスが学割使えたのは初めてしった・・・bb
本は読むべしと思い立って始めても、結局読みたいと思わないとつづかないんだよねぇ・・・まっ、シュウカツ意識しないで読みたいものを読むべきかと。

そうやね。 by のぶ
結局読みたい本って興味ある業界に関するものだったりするんよね。
とりあえず食わず嫌いならぬ、読まず嫌いをはやめて広い視野をゲットしたいね。
やっぱアンテナは広げるにこしたことはないし!

コメントを閉じる▲

TOP

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

CALENDAR  

のぶの興味@本。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。