TOP > CATEGORY > 今週のテーマ。
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 5年後、10年後の未来について本気出して考えてみた。 

2006年01月04日 ()
ども
実家ライフをまったり過ごし、着実に鋭気を養ってるのぶです

やっぱ実家はいいですね

今年は友達がもはや社会人1年生ってこともあって、

ひたすら家族とまったり過ごしました。



おとんに将来の方向性を相談してアドバイスをもらったり、

おかんと焼酎を酌み交わして早く孫が見たいってせがまれたり(笑)


大人になったなって実感

親も息子と一緒にを飲めるってのがうれしいみたいや


なにげに親孝行してるみたいや。


今日は親と語り合った5年後、10年後の将来について書き留めたい。




5年後。

自分は28(29か?)歳。

この頃までにはそれなりに稼ぐようになってたい。

んで結婚してたい

そうすればきっと孫の顔が見れるから(笑)




10年後。

一軒家を持ってさ、庭にはバスケットコートとテニスコート

子どもは二人。

息子とはバスケを、娘とはテニスをしたい。

そしてビジネス面では、夢の実現を少しでもリアルなものにしてたい。



はい。

暴走しました(笑)

いわゆる暴走ってやつです。。





ところでみんなは将来やりたいことってありますか?


俺はおぼろげながら将来のヴィジョンを持ってる

上に書いたってやつだ。


別に大した話じゃない。


それは大まかに2つ


1つは経営者になりたいってこと。

なんでか?

それはおとんが経営者をやってるから。


昔からそんなおとんの背中を見て育ってきた。

従業員のみんなを家族のように大切にし、

みんなが喜ぶ顔を見ては笑みを浮かべる

そして時におとんは真剣に叱ることも

気付けばちゃんとみんなおとんを信頼しててさ、

身の上の相談も色恋沙汰も全部おとんに相談してる。


そんなおとんの背中が大きく、大きく見えた。

自分もあんな風になりたい。

だから経営者への憧れがある。

それは別に管理職についても同じ感覚を味わえる気がしてる。



2つめ。

キーワードはディズニーランド

ディズニーランドの自分の中の定義は

 国境、年齢、性別を越えて、たくさんの人に感動を与えられるもの

これが自分の中の定義


最終的にはこれを実現できる人になりたい。

そのための手段はなんだって構わない。

大企業で働くもよし、ベンチャーで働くもよし。

この理想と今を結ぶ最短距離に起業があるのならそれでも構わない。



う~ん。

未来に思いを馳せるってのは楽しい

将来何をしたいかを考えると、

なんとなく自分の方向性が見えてくる気がします。

未来の自己分析ってやつですね。


みんなもやってみたらどうでしょうか?



過去は過去でしかない。

過去の価値観と今の価値観が完全に重なりあうことはない。


なぜなら人は成長するから。

価値観はたくさんの人との出会いの中で少しずつ変化するから。



過去は自分の背中にある。

未来は自分の目の前にあり、これから自分で創っていくもの。


未来に目を向けたら、なんだか少しだけポジティブな気分になってきませんか?
スポンサーサイト
[2006.01.04(Wed) 22:11] 今週のテーマ。Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by masaki
おひっさ~
俺お前好きよ☆
なんか好きよ☆
HGじゃないよ☆
Gでもないよ♪

コメントを閉じる▲

リストマーク 「印象に残っている恋愛」。 

2005年11月10日 ()
ども!のぶです☆
毎日マジメな話ばっかすんのもなんか自分っぽくない!
ってことで今日は「印象に残っている恋愛」について。


なんか最近けっこう夜とか寒いですよね?
朝も布団からでるのがなかなかツライ。。。
今日も思わず2限は自主休校しちゃいました^^;
その時間をこうしてブログ書く時間にまわしてるわけ。

そんな今くらい季節に僕が毎年思うこと。
それは…

「今年のクリスマス恋人レスなのか↓」

ってこと。

思えばクリスマスとか自分の誕生日に彼女がいたことがない。。。
幸い、サークルの仲間のおかげでどれも楽しい時間を過ごせた☆
ほんと感謝だよ^^

そんなわけで今日はクリスマスにまつわる自分のエピソードを。
もう吹っ切れてるからこそ語れる真実のラブストーリー☆
Open↓

あれは高校3年生の頃。
僕は応援団の軍団長だった。
うちの高校では2年生の中から応援団長を選出。
その応援団長を務めたヤツが翌年は軍団長になるわけ。

要は会社で言うところの会長的ポジション。
それが軍団長。
それが自分だったわけです。

基本軍団長は参加する必要がないのね、応援団だけの練習に。
でも俺は基本的に後輩が大好きやから足繁く参加。

なかなか応援団長に立候補するヤツがでなくてもどかしさを覚えたり。
そう、応援団長ってのは団員を決めた後でその中から選出するのね。
応援団も各クラスから必ず4人出さなきゃいけないからさ、
やる気あるヤツからないヤツまでほんといろいろいる。

で、団長決めの会議。
なかなかモチベ低くてもわーんとした感じの会議風景。
俺はそれがすごく嫌だった。
こうして出会ったのもなにかの縁。
だったらそのを最大限に熱いものにしたい。

そこで。
必死に説得し、なんとか団長を決定すると俺は親睦会を企画。
やっぱみんなで遊んだりゴハン食べたりする中でしか、
ほんとに仲良くはなれないと思ってたからさ。

で、親睦会をやった☆
そしたらいい感じにまとまってきたの^^

…と、まぁ前置きはこの程度に。

ある日、親友の妹からこんな話を聞いた。

「のぶさんのことカッコイイっていってる子がいるよ!」

まじで衝撃だったね。
だってそれまで付き合ったことなかったし。
それまで18年間、5人に告白しフラれた男ですから。

で、実はその子がうちの応援団員だったんよね^^
前からわりと仲良くてさ。
メールもちょくちょくしてたんだ。

そしたらある日。
1通の恋愛相談メールが。
内容は

「今悩んでます。どうしたらいいですか?」

というもの。

そうです!ピュアな俺はここで勘違いしてしまったわけです^^;
俺の頭の中では…

 俺をカッコイイと思ってる=好き→告白を促してる!!

って感じの方程式が完成しとったわけです(失笑)

で、俺はそのままメールにてこう返事した。

「このまま俺と付き合ってよ。絶対に大切にするから。」

って。

返事はいくらでも待つ、と。

それからしばらく連取でも普通に接し何事もなく1週間が過ぎた。

そしてある日。

みんなのモチベーションを上げるために、
俺はみんなにメッセージを書いた。
これから目指すもの、現状、やるべきこと。
その紙をひとりひとりに渡した。

ちょうど昼休みのことだった。

その子が一人でやってきて紙を受け取り、
何事もなかったかのようにその場を去っていった。
そのすぐあと…

 「ごめんなさい。やっぱり先輩の気持ちには応えられません。
  気まずくなりたくないのでこれからも仲良くしてくださいね。」

とメールが。

いや~、落ち込んだね。
心にポッカリ穴があいたね。


この時学んだこと。

  恋愛に思い込みは要らん!

ってこと。
まぁあの時はまだ幼かったしさ、仕方ないよね。

そしてここから得られた新たな言葉の定義、それは…

  恋は自分が幸せになりたいと思うこと、
  愛は相手を幸せにしたいと思うこと。


この時の俺はをしていた。
恋は一歩通行なもの。

この後、2ヵ月後にはじめての彼女ができた。

その時の気持ちはやはり、
彼女を幸せにしたいって気持ちだった。

この出来事をきっかけに恋愛のスタンスが多少変わった気がしてる。
このがあったから、今の自分がいる。

そんな切ないラブストーリー☆

Close↑

[2005.11.10(Thu) 11:45] 今週のテーマ。Trackback(0) | Comments(6) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by お
大学行けよ 笑

なんか泣けるね。今回のは

by koo
切ないね~~


絶対、きっと、

みつかるよ☆

by のぶ
>お
今日は午後からばっちり行ったさ☆笑
この恋が俺のターニングポイントだったしね。
語った自分も切ないよ。

>koo
うん☆
絶対いい「愛」見つけてやるさ^^

by 葉月
何か感動だよ、knob。
でも「悩みがあります」っていう
メールが来たら
何で告白したの?
ちょっと今度真相を聞かせて。
良くわからないっちゃ。笑。
私もブログ上にある恋の物語
書くから読んでね。

by のぶ
>葉月
ずばり短絡的な思考しちゃったんすよ^^;
たとえるならスラムダンクの桜木(笑)

あの頃は若かったな☆

by しゅん
すまん!
感動の前に笑いがきた!!笑
いや~のぶらしいね★
確かにそんな話は3年間聞いたことなかったわ~。
最終的にはいい話だ!!
その精神で次(!?)もがんばれ~!笑

コメントを閉じる▲

リストマーク 「自分ヲ知ル」秋。 

2005年10月23日 ()
「秋」。

前にも書いたけど、俺はこの時期が1番すきだ。

秋って若干落ち着いた雰囲気あるじゃん?
大学まで歩くちょっとした時間にも、
いろいろと考え事にふける自分がいる。

まぁいろんなこと考えたりするわけだけど、
何考えるにしろ結局根底にあるのは

  自分ってどんな人間なんだろ?

ってとこ。

 「どうしてあの時あんなに好きだった彼女に別れを告げられたか」
 「どうしてまた自分は人間関係において同じ過ちを繰り返したか」
 「どうしてこのタイプの人間を苦手だと感じるのか」

 「どうして…」

そんなことをたくさん考え自分なりの答えをだす、
それが俺にとっての「秋」の一面なんだよね。

就活を迎えるにあたってこのスタンスがちょっと役に立った。
自己分析につながるんだよね。

逆に、こうしてあれこれ考えて自分なりの考えをもってるだけに、
人一倍俺は「こだわり」ってやつが強かったりする。
だからもっと柔軟性を持たなきゃなって感じたりする。

もちろん「こだわり」を持つのは大事やけどさ、
やっぱ「バランス」ってやつも大事なわけさ。
最近ほんとこの「バランス」ってやつを意識するな。

みんなにとっての「秋」ってどんなですか?
[2005.10.23(Sun) 19:41] 今週のテーマ。Trackback(1) | Comments(5) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by MAI☆MAI
すごくよくわかるな、のぶの言っていること。
考えて考え抜いた結果にこだわりをもつのすごくわかる。
テキトウに出した答えじゃないからこそ、自分の考えに自信をもつんだよね。
そして、それがいい意味でも悪い意味でも、曲がらない芯みたいのに変わってく。
それに柔軟性が適度に加われば、最高にバランスいいのにってね。

曲がらない頑固な芯をすこぉしだけ優しく曲げてくれるエッセンスは、「恋」じゃないかな☆

by のぶ
恋か…たしかにね!
やっぱ恋愛が人に包容力をもたらすんよね。
お互いに理解し合おうとするもん、やっぱ。
う~ん恋がしたい!(笑)

by まさき
うん間違いないね、バランス。
でもこのバランスはほんとに一概に言えない。そもそも言葉にはすべてにおいて、二面性がある。状況におおじて意味は決定するんだけど、自分の性格におけるバランスって何でしょう?
ほんとうは社会に出ても気負いすることなく、今まで友達と接してきたように会話ができればいいんだけど、まだ社会人と話すとき、冗談を言えるような環境づくりには程遠いじぶんがいるな。あっ話しそれたねw

by みか
自己分析ね、しだすときりないけど自分じゃ自分ってなかなか見えてこないよね。あたしもこっちで新しい人にいっぱい会って違う環境で過ごして自分を見直してみた。
悪いところが分かってもまたそれを直すのも難しいしでも人と会うことってやっぱ自分をどうにか成長させるよね。

by のぶ
>まさきさん
自分の中のバランスってのは、他との歪みにちゃんと気づいた上であれこれ言えるってとこかな。
これはあくまで自分の意見だって思って言うのと、そうとも知らずそれが絶対だと思って言うのとじゃまったく違う。
自分の相対的な位置を知ってるってことがバランスのよさってのにつながるって思うかな。

>みか
ひさしぶり☆
アメリカでも元気にやってるみたいね!

「悪いところが分かってもまたそれを直すのも難しいしでも人と会うことってやっぱ自分をどうにか成長させるよね。」

たしかに!
直すのにはすっごい時間かかるしそれ以上に辛いよね。
なかなか自分の慣れ親しんだ価値観を放棄することなんてできない。
でもそれができなくても誰かにあって刺激受けて、自分の間違いに気づけることそれ自体が意味あることなんだよね。
だから俺はいろんな人に会ってたくさん刺激を受けたいと思いあちこちのインターンに参加するわけです。

コメントを閉じる▲

TOP

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

CALENDAR  

のぶの興味@本。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。