TOP > タイタニックとシュウカツ。
 ← 大事なのは「哲学」だ!! | TOP | 逆求人ヲ振リ返ル。

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク タイタニックとシュウカツ。 

2006年02月16日 ()
今日はすごく自分にとってインパクトの大きい一日だった。

先日の逆求人にて休憩時間にお話させていただいた方(以下Aさん)から、
合宿後に電話がかかってきたんよね。

で、

  「社会人ともっと話したい!」

って思いから、新横浜まで行くことになっとったんよね。

迷いながらも会社に到着。


エントランスの雰囲気がめっちゃ癒し系☆
この会社、半導体を扱ってる会社なのね。

事業内容には正直興味はなかったんやけど、
これきっかけで新しい視野が広がるかもって思いもあった。


そんなこんなでAさんに再会。

開口一番

  「今日はスーツなんだ?」

と指摘される。。

普通に私服でよかったみたい☆
まぁ午後からG社の筆記試験あったから仕方ないけど。


まずはオフィスを見学。
リアルに社員さんが働いてる風景を見た。

なんかいいもんやね。

自分が働いてる姿をイメージしながらキレイなオフィスを眺めた。


やっぱ学生団体とかサークルとかとはどこか違う感じ。



そして応接室にてがっつりトーク!!
これがほんと熱くてさ☆


話を聞きながら胸がめちゃくちゃ熱くなってた!!


Aさんのような熱い人に会えてよかった!
ほんと来てよかったよ☆


ってことでその具体的な話は…。


こっからが題名『タイタニックとシュウカツ』の話。

これAさんがまだ就活生だった頃、
社長さんがセミナーで話したものなんやってさ。

これすごく自分が普段考えてることに近くてさ、
すっげぇ共感したからここで公開!!



  社長:「タイタニック号はなぜ沈んだか分かるか?」

 Aさん:「船員の操縦ミスですかね?」

  社長:「惜しいけど違う。問題はもっと本質的なんだ。」

 Aさん:「本質的って…??」



タイタニック号が沈んだ理由。
それは 「みんな沈まないと思ってたから」

当時の最高水準の技術を結集して作ったタイタニック号。
誰も危機感なんて持ってやしなかった。

だからこそ!!

だからこそ、あんな初歩的なミスで豪華客船タイタニック号は沈んだと。


欠けていたのはまさに危機感
最高水準の客船だからといって、絶対に沈まない保証なんてどこにもない。

どんな時でも「主体性」が大事ってわけだ。

沈んだ後で

  「なんだこの船は!!乗組員は何やってんだよ!!」

なんて言ってもダメ!

自分で選んで乗った船なんだもんよ。
自分に過失があるわけで。

ワークス的には「他責NG」ってやつね。



これを人生(ここでは80年と仮定)にあてはめる。


  l――――l///////////////////////////////l――――l
  0歳 20歳 60歳   80歳


一生を図で表すと上のような感じね。

で、人が主体的に生きられるのはおよそ図の斜線部。
つまりは20~60歳の40年間。


まぁ全部仮定の上での話やから、細かい突っ込みはナシで!

生まれてからの約20年間は、親からの助けを得て生活してるし。
退職後は仕事からはなれて退職金とかで生活するし。


ってことで主体的に生きられる時間ってのは、
いちおここでは20~60歳までの40年ってことで。


この40年間ってのは人生で初めての主体的に生きる時間

つまり!

自分の行動や判断に、ちゃんと責任を持たなきゃダメだわけで。
他人のせいにはできないってこと。


就活ってのは、「どんな船に乗るか?」を決める大事な時期!
そしてその決定に責任を持たなきゃいけない。

  「上司と合わなくて…」
  「仕事が雑用ばっかで…」

なんて言ってらんないって話ね。


就活ってのは「会社選び」じゃなく、「生き方選び」なんだってさ。


大きい船(=大企業)に乗っても、沈むこともある。
小さい船(=中小企業)に乗っても、その船が気付けばでっかくなってることもある。

大きい船は沈みにくいけれど、新人時代に任される仕事は雑務が多くなる。
小さい船では早くから大きな仕事をやらざるを得ない。


具体的な話をしてみる。

未来を的確に予測することはできないが、
人は過去から学ぶことができる。


ってことで過去を見てみる。


40年前、俺らのおとんやおかんが就職したちょっと前の頃。
そんな時代の人気企業ってどんな業界だっただろ?

戦後ちょっとたったあたりか。

造船業、鉄鋼業、製糸業、銀行…。
そんなところが人気だったころ。


じゃぁ、今は??


あまり人気ではない。
景気にもよるんだろうけどさ、中には沈んでしまった企業もある。

かつての大企業が、だ。


逆に!

当時、小さなプレハブ店舗を構えていた東京通信会社。
ひょんなことからオオガさんを迎え入れることになり、
彼がかの有名な○ォークマンを開発した。

今のS○NYだ。

今でこそ人気だが、当時は東京通信会社に誰がこぞって入社を希望しただろう。


が、これはやっぱ稀な例なんだよね。


小さな会社が確実に成長するかといえばそうではない。
やっぱり圧倒的に大多数の会社が沈んでいく。


その中で大きく成長して残ったのがS○NYであり、松○電器、京○ラなどの企業なんだよね。


シュウカツは、主体的に生きるフィールドを選ぶだけじゃない。
生き方そのものを決める大事な時期なんだ。


言い方を変える。


もちろん例外はあるけれど、

大企業は属するもの。
中小企業は変えていくもの。

この会社に入ったからどうなるとかじゃなく、
意思決定の主体は自分にある。

ここが大学受験と違うとこ。

英語でもあるよね、こんな諺。

  Where there is a will, there is a way.

ってね。


会社を選ぶんじゃない。
生き方を決めるのがシュウカツだ!


そんな話です。


もちろん、自分の価値観や性格によって、会社の適性はまちまち。
ベストな会社を見つけるために必要なこと、それは自分をよく知ること!!


  敵を知り、己を知れば百戦危うからず


なんだか今日は諺多いけどそういうことやね。


あと面白かった話は「共存」の話。

屋久島の自然。
     20060216232111.jpg


屋久島の杉のまわりにはコケがついている。
ただ単についてるだけじゃない。

ちゃんと共生してる。

お互いに価値を提供しあって生きてる。


屋久島の杉は、自分が価値を提供できない存在になったとき、
自ら折れて、そして枯れ、大地の肥やしとなり最後まで貢献する。

これが「共生」


生きてく上でも、この共生を意識した主体的な生き方をしなきゃな。


ほんと考えることが多い一日だった。


自分がどんな生き方をしたいのか。
もう一回よく考えてみなきゃ。

世の中にインパクトを与えるというのが価値観なら、
もっと他にも適切な道があるみたいだと実感。

まだ時間はある。

このタイミングでよかった!!
スポンサーサイト
[2006.02.16(Thu) 22:16] シュウカツ。Trackback(0) | Comments(5)
↑TOPへ


COMMENT

深いねぇ by じゃが
私よく親に、「あんたは危機感がなさすぎる!!」ってよく言われる。
自分でも、私って運がいいなぁって思うことが多くて(^-^;)
そんな私だから、危機感を持つことって本当に大切だと思う。
事が起きた後じゃどうしようもないもんね。
「危機感を持って、自分の行動に責任を持つ」これだね!

by ひであき
そっか、「なぜ操縦ミスが起こったのか」、「なぜ危機感がなかったのか」…って突き詰めていけばいいのか!

いわゆる『なぜなぜ思考』だね(笑。

お疲れ~ by 奈津子
すごいね、横浜まで行ったのかぁ☆
しかもその社員さんも熱くて良い人だね~。
私『タイタニックはなぜ沈んだ?』
の答えで普通に『氷山の一角にぶつかったから。』と考えてしまった。笑。
クイズかと思ったよ。赤っぱじ。
ちなみに決意あるところに道ありの諺は、
WILLが先に来るんだよ。
なんかうざい教師みたいでゴメン。笑。

コメントさんきゅ! by のぶ
>じゃが

<「危機感を持って、自分の行動に責任を持つ」これだね!

そうそう!それだよね☆
他人任せじゃんダメ!主体性を持って行動してかなきゃね。


>ひであき

そうそう、「なぜ危機感がなかったのか」って視点が自分の中では新鮮だったんすよね。

なぜなぜ思考、使えますな☆


>なっちゃん

英語力のなさを露呈しちゃったね。。
申し訳ない!全国ネットだぜ、これ(笑)

やっぱ熱い人って最高!!
これ会社選びのキーワードみたい☆

by masaki
うんそうね。俺の場合人生は五十年かな。とにかく走ろうって感じ♪

コメントを閉じる▲

 ← 大事なのは「哲学」だ!! | TOP | 逆求人ヲ振リ返ル。

COMMENT

私よく親に、「あんたは危機感がなさすぎる!!」ってよく言われる。
自分でも、私って運がいいなぁって思うことが多くて(^-^;)
そんな私だから、危機感を持つことって本当に大切だと思う。
事が起きた後じゃどうしようもないもんね。
「危機感を持って、自分の行動に責任を持つ」これだね!
[ 2006.02.16(Thu) 23:46] URL | じゃが #- | EDIT |

そっか、「なぜ操縦ミスが起こったのか」、「なぜ危機感がなかったのか」…って突き詰めていけばいいのか!

いわゆる『なぜなぜ思考』だね(笑。
[ 2006.02.17(Fri) 03:49] URL | ひであき #- | EDIT |

すごいね、横浜まで行ったのかぁ☆
しかもその社員さんも熱くて良い人だね~。
私『タイタニックはなぜ沈んだ?』
の答えで普通に『氷山の一角にぶつかったから。』と考えてしまった。笑。
クイズかと思ったよ。赤っぱじ。
ちなみに決意あるところに道ありの諺は、
WILLが先に来るんだよ。
なんかうざい教師みたいでゴメン。笑。
[ 2006.02.17(Fri) 05:49] URL | 奈津子 #- | EDIT |

>じゃが

<「危機感を持って、自分の行動に責任を持つ」これだね!

そうそう!それだよね☆
他人任せじゃんダメ!主体性を持って行動してかなきゃね。


>ひであき

そうそう、「なぜ危機感がなかったのか」って視点が自分の中では新鮮だったんすよね。

なぜなぜ思考、使えますな☆


>なっちゃん

英語力のなさを露呈しちゃったね。。
申し訳ない!全国ネットだぜ、これ(笑)

やっぱ熱い人って最高!!
これ会社選びのキーワードみたい☆
[ 2006.02.22(Wed) 03:59] URL | のぶ #- | EDIT |

うんそうね。俺の場合人生は五十年かな。とにかく走ろうって感じ♪
[ 2006.02.25(Sat) 00:52] URL | masaki #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://knoblog.blog14.fc2.com/tb.php/115-f4bd715e
 ← 大事なのは「哲学」だ!! | TOP | 逆求人ヲ振リ返ル。

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

CALENDAR  

のぶの興味@本。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。