TOP > アイスバーグ理論。
 ← 突き進むこと、思いを貫くこと。 | TOP | 今過ごす1秒、死に際の1秒。

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク アイスバーグ理論。 

2006年05月13日 ()
G社専務に会ってきた。


自分の中では内定辞退を決意して望んだこの対談。
お忙しい中、専務が時間を割いて会ってくださった。


相手が専務ということもあり、
かなり気構えて臨んだわけで。


が!


自分の考えの浅はかさを知ると同時に、
専務のすごさ、社会人のすごさを感じた1時間半だった。


そこで胸にぐさっと刺さった話は「アイスバーグ理論」。



結果として商社マンになるにしろ、
政治家になるにしろ、企業化になるにしろ、
大事なのはその結果に至るまでの努力プロセス


結果だけ見てもパッと見じゃわからない部分。
普段は意識されない部分。


目に見える職業や役職ってのは「氷山の一角」なんだってこと。


具体的には、

  ①「スキル」 ②「振る舞い」 ③「意識

の3つ。


          200605161803000.jpg




この3つがしっかりしることが大事。
何をやるにしても求められる共通な部分ってのがあるんだよってことね。


結局、何を考えてどうしていくのかが大事なんだ。
まぁいつも考えてることなんだけどね。


でもそれをうまいこと伝えられなかった。
納得してもらえなかった。


専務はこう言った。


「何も学校の教育者を目指す必要はないじゃないか。

 会社の中でも教育者は必要だし、
 学生を相手にするよりはるかにインパクトは大きくなるじゃないか。」

と。


俺はこう言った。


 「小規模でも子どもに夢を与えられるほうが俺には魅力的で、
  自分の経験をきっかけにいろんな可能性を見つけてもらえればそれで満足」

と。



これに対し専務はそれが「自己満足」でしかないかもしれないよと指摘。



そうかもしれないなと思った。



もしかしたら傲慢なのかもしれない。
過信なのかもしれない。



だからすげぇ考えた。



で、思った。



教育のかたちはこだわらないって。
それは将来決めればいいって。


今はまだ少ない選択肢の中でしか考えられない。

社会経験ってがあるのとないのとじゃ、
ほんと視野の広さが違うってほんと思ったんだ。


とりあえず今大事なのは自分がどうなりたいか。


たしかに、商社にいけばジョブローテーションも難しい。
昇進も時間がかかる。
わりと個人主義的な要素が強い。
華やかさとはかけ離れた現実があるのもわかってる。


でも!


就活をやってきたこの1年間を振り返ると、
話を聞いてて気持ちが高ぶったのはほとんどが「商社」だった。


なんでか?


1人でバリバリ仕事する、そんな姿に強い憧れを持ったから。


その姿は、客観的には大柄に見られるかもしれない。
でも俺はそんな生き方にすげぇ憧れた。


だから商社に行きたいって思ったし、
気付けば自分のもその延長線上に描いてた。


未来と今がたしかにつながってる。


内定者を見たとき、
商社業界で下克上を起こそうとマジで思ってる人ばっかだった。


この気持ちの矛先を向けるのは、
やっぱり商社しかない。


気持ちは強く、
でも思いやりの心は忘れない。


そんな商社マンになります。


今のこの自分の気持ちに、なんてつけない。
そう思ったから。
スポンサーサイト
[2006.05.13(Sat) 14:29] シュウカツ。Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 突き進むこと、思いを貫くこと。 | TOP | 今過ごす1秒、死に際の1秒。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://knoblog.blog14.fc2.com/tb.php/145-0ed1820c
 ← 突き進むこと、思いを貫くこと。 | TOP | 今過ごす1秒、死に際の1秒。

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

CALENDAR  

のぶの興味@本。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。