TOP > あなたは「優しい」ですか?
 ← 時間の価値とAlways。 | TOP | 「ありがとう」を抱きしめて。

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク あなたは「優しい」ですか? 

2006年07月09日 ()
最近ほんと思う。

「優しい」ってなんなんだろなってね。


とかく俺は「人間関係に波風立てないこと」=「優しさ」ってイメージを強く持ってたみたい。

受け取る側にとってはね。


こないだ、アメリカ帰りのヤツがこんなこと言ってた。


 「俺は日本での立ち位置が分からない。
  日本では空気を読んで発言を控えるべき場面がある。

  でもそれはおかしいんじゃないか?

  言いたいことははっきり言うべきなんじゃないかな…。
  それがもうほんとわかんないんだ。」


ってね。



これを聞いて思ったこと。

それは俺の「優しさ」ってイビツだなってこと。



俺にとっての優しさは、大半(ってかほぼ全部!)がその先に相手の笑顔につながるもの。

じゃなきゃ、俺は発言を控えてたりする。
これって相手を信頼してないってことと同義なんじゃないかねぇ。



最近はあんま気にせずバンバン言うようにはなったけどね。

にしてもまだまだ甘いのかなと。
「今」に固執しすぎてんなってね。


これじゃとりあえずの応急処置にしかなりゃしねぇ。


大事なのは今いかに自分が不快にならないとか、相手を不快にさせないかなんてことじゃない。


その先にあるんだよね。
そっから先の未来の人間関係に、ね。



言わなくても空気で相手の気持ちを察知して行動する、それが日本における美徳なわけだけど。

でも、それって下手したら単に相手のご機嫌とりでしかないわけなんだよね。

そんなんでしかつながれない関係ってどんだけ陳腐なもんなんだろ。



相手をもっと信じて、相手の気持ちも考えた上で、もっと的確な言葉を投げかけられる人間になりたいもんだ。



ちなみに、作家のグレアム・グリーンはこんなことを言ってる。


  『人は誰も他人を本当に理解することはできないし、
   他人の幸福を用意することもできない。
   幸せは自分の力でつかむもの。』


だってね。



あなたは「優しい」ですか?

あなたにとっての「優しさ」って何ですか?
スポンサーサイト
[2006.07.09(Sun) 14:44] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 時間の価値とAlways。 | TOP | 「ありがとう」を抱きしめて。

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://knoblog.blog14.fc2.com/tb.php/148-236069cc
 ← 時間の価値とAlways。 | TOP | 「ありがとう」を抱きしめて。

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

CALENDAR  

のぶの興味@本。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。