TOP > おかん。
 ← さよなら、なんて言わないよ。 | TOP | 手紙

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク おかん。 

2007年10月27日 ()
少しだけ、大人になったと思ってた。
自分で決断することが、すべからくかっこいいと思うようになっていた。

まだまだ未熟さを抱えたままだということに気付かぬほど、
ただただひたすら前を、未来だけを見据えて駆け抜けていた。


仕事でのミスは絶えない。
でも、それでももがき熱弁する様を決して誰も笑わない。

むしろ、じゃあどうやったらそれができるんだろうねって、
一緒に悩んでくれる上司に囲まれた職場は、最高にあったかい。


最高の選択。


今、自分の就職活動を振り返ってみても、
たしかにそう思えるこの「今」に僕は酔いしれていた。


priorityのつけ方が、少しずつ広いようで狭くなっている現状に、
まったく気付かずにいたことに気付かされる日が、ついぞ訪れた。


***** ***** ***** ***** ***** ***** *****


一昨日のことだった。

相変わらず目の前に積み重なる仕事に、
不器用にも全力で立ち向かう午後3時。

ぶるっと携帯が震えた。


    「メールでもきたのかな?」


なんて思って放置してると、その振動はいつもより長く続くではないか。


一本の電話。


おかんが倒れ、救急車で運ばれたことを告げる、
おとんからの電話だった。


おとんは平静を装うけれど、
その声には焦りが垣間見えた。



   「何してるんだ。
    早く行ってあげなさい!」



グループリーダーの許可をとり、
仕事を投げ出しおかんが運ばれた病院へと向かった。


GLの優しさが心に染み入った。
と同時に、得体の知れない不安に大きく心を揺さぶられた。



   「一気に血圧が上がった。
    水道の蛇口をひねった勢いで血が溢れ出てな…」



おとんの説明だった。


まだ弟は大学生。
息子の結婚も、そして自分の孫も見ないで死んでいいわけあるもんか。


そんな思いを口に漏らしながら、
目に涙を浮かべ車を病院に走らせた。


折りしも外は大雨。


激しく降り注ぐ雨が視界を奪い、
なかなかスピードをあげられないもどかしさ。


自分の身に起きてかつてないほどに深く感じた「親の大切さ」。


これまで幾度となく感じてはいたけれど、
今回はそれを痛烈に感じた。


親孝行はこれからだと。
そう考えていたからだ。


なんとか病院に着く。
その時、既に夕方6時をまわっていた。


おかんがいる病室は個室。
危険な状況を鑑みてナースステーション最寄の病室に運ばれていた。



病室のドアを開けると、
そこにはいつもより小さく見えるおかんの姿があった。



弱弱しく起き上がるその様を見て、
どうしようもない切さがこみ上げ、ひとすじの涙が頬を滴り落ちた。



   「大丈夫だよ、ありがとね。」



心に染み入る、昔懐かしいぬくもり。

子を思う母の気持ち、愛情をこの瞬間にぐっと感じた。
目にはずっと、涙が浮かんでた。


聞けば病院にかつぎこまれてすぐ、集中治療室におかんは運ばれた。


おとんも付き添いを求めるも、入室は許されず。
おとんを襲っていたその不安の大きさもハンパではなかったはず。


状況を聞くだけで胸がぎゅっと締め付けられた。


手術は成功。


その日は面会時間ギリギリまで傍にいて、
おとんと二人、家へと向かった。


その夜。


おとんと二人、家から歩いて30秒ほどの場所にある、
古びた田舎食堂に晩飯を食いに行った。


入店時間はもう遅く、さして料理は残っていない。


おとんと、息子。


おとんからしてみれば、何十年もの間待ち焦がれてたシチュエーション。


不安から完璧に解放されたわけではないけれど、
おとんの顔は、終始笑顔だった。



将来の話。
おかんとの馴れ初め。
弟のこと。
今後の家業の展望。



書き上げればきりがない。



いろんな話を腹割って話した。



いい機会だと思い、こんなことをおとんに伝えた。



  「俺はうちの家族に生まれて本当によかったと思ってるよ。

   自営業だから、ゴールデンウィークもろくに遊びに行けなくて、
   休み明けの学校がすごく嫌だった時もある。

   それでもさ、あの時の苦労があったから今の幸せがある。


    『やりたいことには何でも挑戦しろ、応援はしてやる』


   その言葉があったから、本気でやりたいことはやり尽くしてきた。
   それに対して、ほんとに本気で応援してくれたよね。

   心の底から感謝してる。


   何十年も前には、何の可能性も感じられなかったこの土地で、
   おかんと二人、本気でがんばって。

   そうやって、ほんとに他から認められるような結果を出したこと。

   すごくかっこいいと思うよ。

   忙しいのは分かるけど、健康も気遣ってな。

   まだまだ先のことだけど、俺が結婚して、孫ができて…って、
   みてもらわなきゃいけないもんがたくさんあるんだからさ。」


おとんは静かに聴いていた。


  「そうやな。
   ありがと。」



商社で働き見える世界は、なんだかすごくでかくて。
それがそのまま、自分の実力だと錯覚していたのかもしれない。


まだまだへなちょこなのに、ね。


自分の視野が狭くなってたんだなって。
そう思わされた。


あったかいもの。
心に染み入るもの。
自分の基本にあたる部分。
本当に大切にしていきたいもの。


いろんなもんを取り戻せた気がする。


まだまだ自分は未熟者。


本当に大切にしたいもんを、
ずっと大切にし続けていくための気付き。


おかんからの、
おとんからの、
思いがけない最高のプレゼントになった。


今日もおかんの看病に行ったんだけど、
びっくりするぐらいに元気になってた。


まだまだ無理してんだろうけど。




早く、おかんが元気になりますように。
スポンサーサイト
[2007.10.27(Sat) 07:08] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← さよなら、なんて言わないよ。 | TOP | 手紙

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://knoblog.blog14.fc2.com/tb.php/153-c93ad3d9
 ← さよなら、なんて言わないよ。 | TOP | 手紙

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

CALENDAR  

のぶの興味@本。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。