TOP > マスコミ、それを特別せしめるもの。
 ← 「detailにこそ、神は宿る。」 | TOP | 10年後のイメージ、今の思い。

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク マスコミ、それを特別せしめるもの。 

2005年10月29日 ()
行ってきました!
マスコミセミナー☆

なんとなく壁の高さを感じ敬遠してた業界、マスコミ。
世の中にインパクトを与えたい自分は気になってた業界。

今日はいろんな話を聞いた☆


(1)コネはあるなら使え!

マスコミだってただの会社。
たとえばトヨタが欲しがる人材は、やっぱりマスコミ業界も欲しい。

企業は採用時に何を思うか?

それは2億1円以上稼げる可能性があるかどうかなんやって。
2億円ってのは1人が一生に会社内で生み出せる平均利益ね。

たとえばトヨタの社長の子供。
もしこの子供がたとえば広告業界Aに行けばどうなる?

トヨタはその広告会社をひいきにするやん。
そしたらA社は50億規模のビジネスチャンスを得たことになる。

これって2億を余裕で超えてるよね。
コネってのはそういうこと。

WIN-WINの関係。
やから使えるコネがあるなら使えって話やった。

で、さらに。
コネが使える業界ってのは決まってるのね。

たとえば広告。
広告業界ってB to Bのビジネスやから相手は企業。
やから他社を大切にしなきゃいけない。
それでどっかの社長さんのこどもとかは大事にされるわけ。
これがコネ。

でも出版や新聞はどうか?
コネってヤツが存在しない。
それは倫理的にイケてるわけじゃない。
ってかコネが倫理的に悪なわけじゃないけどさ。
出版や新聞は顧客が一般消費者。
そこで大企業のこどもを優先的にとってもメリットがない。
やからコネがない。

要は収益構造の問題なんやってさ。

いや~、目からウロコやったね。


(2)マスコミもひとつの会社に過ぎない!

これちょっと衝撃的な意見だった。

そりゃテレビ局の社名見ても頭に「株式会社」ってあるからさ、
なんとなくは思ってたよ。
でもそれを商社やメーカーに並べて考えるってのに違和感があった。

なにがその感覚を存在せしめてるかっていうとさ、
マスコミは法律やらなんやらで守られてるってとこ。
つまりは競争が起こりにくいよな環境になってんだよね。

テレビは電波法で守られ、本屋は返品を許される。
新聞はといえば明治期からその紙面の大きさは変わらない。
背負うべきリスクが少ない分、サービスの向上に関心が向かない。

某N社はネット配信サービスを開始する動きがあるけどさ、
他はどうやろ?
革新が起こらない風土になっちゃってるよね。

「社長はいるけど経営者がいない」
「マスコミは守られすぎたためにあまりに遅れた業界」

そんな話を聞いた。

「本が売れないのは若者の活字離れに起因する!」
なんて言ってさ、
自分たちの既存のビジネススタイルを責めることはしないわけ。

これって経営者不在でビジネスをしてないからなんだよね。

これが昨日1番のパラダイムシフトだったな。


(3)マスコミが求める人材

他の企業となんら変わらない。
結局求めるのは冒頭にも述べたような人材。
つまりは2億1円以上稼げる可能性がある人ね。

でもなんかやたらマスコミの人気は高い。
そして門戸も狭い。

こんな状況がマスコミを特別な存在せしめている。

大事なのは自分には可能性がどれだけあるか見せること。

ただそこにたどり着くまでの道のりは険しい。

なんとなくで受けてくる人を、
試験によってある程度振り落とさなきゃいけないから。

だからさ、

「ほんとにマスコミ行きたいなら、
 一般常識、漢字、時事、英語…必死にやって熱意を見せてよ。」

これが昨日話した編集長の言葉だった。

そしてどんなに忙しくても本を読めと。

経済記者になりたかったら経済にだけ興味があればいいか?
政治記者になりたきゃ政治にだけ関心持ってりゃいいのか?

答えはNO!

記者とか編集者ってのは、社会に興味を持ってなきゃだめなんやって。
何事も幅が大事。
いろんな視点からモノゴトを見て感じる力、これが大事。

結局求められるのは、いろんなものを経験したいっていう好奇心。
それは他の業界でも求められるもの。

マスコミは特別な存在ではない。

そう実感させられたセミナーだった。
スポンサーサイト
[2005.10.29(Sat) 02:31] いべんと。Trackback(0) | Comments(5)
↑TOPへ


COMMENT

by つかっち
いや、いままでの中でも今日は一番参考になる良い記事でした。うーん。

また今後も違う業界についても書いてくださいなー。

by のぶ
ども!
まぁ今回のセミナーで得たもんがそんだけすっごいもんやったってことでしょうな。
まぁ他の業界についても考えがまとまったら書くさ。
とりあえず金融とか証券は書く可能性ほぼゼロ^^;
だってどんなにその業界の人と話しても興味が持てないんだもん。。。

by まさき
確かにそうだね・・・

要するに会社が賭けてもいい人を採用するんだよね。
でもノブがいったようにそういう人間へも道は長く険しい。
だけど就職活動で何とかものにしてくれって感じなのかな。。
自分はできれば常に第四コーナーまわって直線コーナーはいった状況でいなきゃなー。。

by のぶ
>まさき
う~ん…ちょっと違うんでないかい?
ものにしてってのはさ、いま漠然とマスコミ業界に入りたいって人がこっから必死にがんばるってことじゃん。
編集長が言ってたのはさ、当たり前のように知ってることは知ってて当然。
何より見たいのは好奇心って言ってた。
小手先の知識つけることに必死になってもダメみたい。
基本的なスタンスが欠けてたら、やっぱ無理な業界なんよね。
狭き門なんだからさ。
まぁそこで諦めるかどうか、そこは自分次第やけど。
無理だと思うコト、そう思ってる時点でその実現可能性はゼロやからね。
可能性は自分で決めるもの。
他人に決められるもんじゃない。

by まさき
小手先に関しては自分でやっとけというか、
自分でやって当然でしょう。
好奇心ってさ、いくら自分で持ってても、
他人に伝えなきゃこの就活って状況じゃ残っていけない。
たぶん小手先ってのはモノにした人からしてみれば自分が十分アピールできるものじゃないの?
例えば私面接対策に一年間で500人と面接しました。ってねw
学生時代一生懸命取り組んだことを、面接官に話して、相手を全員を号泣させた人とか
何かに一生懸命なひとって会社の人も惹かれるんじゃないかな。。

必死になるのは、基本的なスタンスがあって自分の足りない部分を補うことだからそれはそれでいいと思う。
うん、どっかのセミナーでいってたな、

君たちの希望の会社、業界に入りたい時、興味、関心を見せる技術、伝達力、それはどのみち評価対象になる。
だから慣れろ、学べ
って。
狭き門のこじ開け方は人によって違う。
語るにも言葉足らずは損をする。
あれ?またずれたw

コメントを閉じる▲

 ← 「detailにこそ、神は宿る。」 | TOP | 10年後のイメージ、今の思い。

COMMENT

いや、いままでの中でも今日は一番参考になる良い記事でした。うーん。

また今後も違う業界についても書いてくださいなー。
[ 2005.10.30(Sun) 00:17] URL | つかっち #- | EDIT |

ども!
まぁ今回のセミナーで得たもんがそんだけすっごいもんやったってことでしょうな。
まぁ他の業界についても考えがまとまったら書くさ。
とりあえず金融とか証券は書く可能性ほぼゼロ^^;
だってどんなにその業界の人と話しても興味が持てないんだもん。。。
[ 2005.10.30(Sun) 00:33] URL | のぶ #- | EDIT |

確かにそうだね・・・

要するに会社が賭けてもいい人を採用するんだよね。
でもノブがいったようにそういう人間へも道は長く険しい。
だけど就職活動で何とかものにしてくれって感じなのかな。。
自分はできれば常に第四コーナーまわって直線コーナーはいった状況でいなきゃなー。。
[ 2005.10.30(Sun) 00:38] URL | まさき #- | EDIT |

>まさき
う~ん…ちょっと違うんでないかい?
ものにしてってのはさ、いま漠然とマスコミ業界に入りたいって人がこっから必死にがんばるってことじゃん。
編集長が言ってたのはさ、当たり前のように知ってることは知ってて当然。
何より見たいのは好奇心って言ってた。
小手先の知識つけることに必死になってもダメみたい。
基本的なスタンスが欠けてたら、やっぱ無理な業界なんよね。
狭き門なんだからさ。
まぁそこで諦めるかどうか、そこは自分次第やけど。
無理だと思うコト、そう思ってる時点でその実現可能性はゼロやからね。
可能性は自分で決めるもの。
他人に決められるもんじゃない。
[ 2005.10.30(Sun) 18:14] URL | のぶ #- | EDIT |

小手先に関しては自分でやっとけというか、
自分でやって当然でしょう。
好奇心ってさ、いくら自分で持ってても、
他人に伝えなきゃこの就活って状況じゃ残っていけない。
たぶん小手先ってのはモノにした人からしてみれば自分が十分アピールできるものじゃないの?
例えば私面接対策に一年間で500人と面接しました。ってねw
学生時代一生懸命取り組んだことを、面接官に話して、相手を全員を号泣させた人とか
何かに一生懸命なひとって会社の人も惹かれるんじゃないかな。。

必死になるのは、基本的なスタンスがあって自分の足りない部分を補うことだからそれはそれでいいと思う。
うん、どっかのセミナーでいってたな、

君たちの希望の会社、業界に入りたい時、興味、関心を見せる技術、伝達力、それはどのみち評価対象になる。
だから慣れろ、学べ
って。
狭き門のこじ開け方は人によって違う。
語るにも言葉足らずは損をする。
あれ?またずれたw
[ 2005.10.31(Mon) 00:34] URL | まさき #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://knoblog.blog14.fc2.com/tb.php/61-2a52a79b
 ← 「detailにこそ、神は宿る。」 | TOP | 10年後のイメージ、今の思い。

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

CALENDAR  

のぶの興味@本。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。