TOP > 嘘のような本当の話。
 ← 帰省の旅路 -田舎へ帰る電車で振り返った今年-。 | TOP | 踊らされるな、みずから踊れ!

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 嘘のような本当の話。 

2005年12月30日 ()
これは28日の話。

デジットでお世話になってる社員さんに相談。
そこで得たことは別の記事に譲るとして…。

そのあとミレナリオを見に行ってきた!
今年最後だって言うしさ。
間近でちゃんと見てみたかったからさ。

やっぱキレイやったね
   DVC00055.jpg


う~ん感動

でもメインストリートは混むからわき道を歩く。
おいしそうな饅頭の匂いに引き寄せられ途中脱線(笑)

寒さの中、あったかい豚饅頭をほおばる。


幸せをかみ締める☆


んで、そのあと銀座まで歩いた。
晩ゴハンを銀座で食べよっかって話になってさ。

まぁ若干ビビッてたよね
だって銀座じゃん??
高いってイメージしかないわけよ。


で、安そうな店を見つけてわ「よし!」って言って入る。
でもその日は大半の会社が仕事納めの日。
空いてるわけもなくあえなく断念。

次の店へ。


これ繰り返すこと5回。


俺らはある看板に心奪われた。


しゃぶしゃぶ食べ放題。


そっこー入ったね(笑)

なんと入り口には東京ウォーカーの掲載記事が。

待ち時間を聞くと30分と言われる。
職人が肉を目の前で切ってくれている。

うまそうな肉。
鴨、豚、牛…すべてが食べ放題

しかも2980円。


待っちゃった


すっげぇうまかった
ガン食い!ガン食い!

がっついてる俺らから3つ離れた席。
そこにおもろいおっちゃんが座ってた。

絡みたくて仕方なくて様子をうかがっていた。
もはや腹は満たされていた。


するとおっちゃんが

 「お前関西人か?」

って絡んできた。


チャンス


そっから俺らは意気投合。
おっちゃんは帰り際に

 「よかったらこのあと飲みに行くか?」

って。

二つ返事で快諾。

 「22時にまた迎えに来るからゆっくり食べな

そう言っておっちゃんは店を出た。

俺らは時間より少し早めに店を出た。
そして店の前でおっちゃんを待った。

今思えばさ、
見ず知らずのおっちゃんをよく信じる気になったなって思う。


22時。

おっちゃんは来ない。


それでもしばらく待った。
俺らはおっちゃんを信じてた。
なんか安心して信じてもいい気がしたんだ。


しばらくして。



来た!


おっちゃんが来た


ごめんごめんと謝るおっちゃん。

そして俺らはおっちゃんについてった。


行き先を尋ねてビックリ

行き先はなんと帝国ホテルやった。。



で、ついたのはやっぱり帝国ホテル。
聞いたことはあったけど来るのはこれが初めて

しかもカッコはかなりの勢いでラフ。
おっちゃんのカッコもかなりラフ。


そんなこんなで最上階のバーラウンジへ。


エレベーターにて。

おっちゃんは途中で乗ってきた外国人と流暢に会話

なんとおっちゃん、7カ国語もはなせるんやって

事実、ペラペラ話しだした。
俺がちょっと分かるのは英語、フラ語、チャイ語。
どれも合ってる。。。


只者じゃない。。。


そんなこんなでバーに到着。

もはや完全におっちゃんを崇拝

そりゃだってさ、
しゃぶしゃぶ屋で見たおっちゃんはただのおっさんやったもん。


気づけばインターナショナルな匂いプンプン。


バーの入り口ではスタッフと仲良さげに会話。
ってかえらくスタッフの頭が低い。

どうやら常連さんらしい。

帝国ホテルのバーに、だ


で、席に着くとそこには2本のボトルが。

そいつはいわゆるウィスキー
しかも高そうなヤツ

座ったのはカウンター。
そこにはひとりのバーテンダーが。
   DVC00015.jpg



感じのいい人やなって思ってたらその人、
先日あった国際大会で優勝しちゃってる人。

そんな人におっちゃんは

 「よ!ひさしぶり
  この子に似合うカクテルを作ってよ。」

おっさんさらっと言ったったー!!
バーテンの大会優勝者に。。。


俺はそこでウィスキーを飲んだ。


 「う、ウマイ

僕が知ってたのって何ですか?

まじレベルが違った。
高いウィスキーってやつはまろやかさがハンパない。
マジでうまかった。
そのウィスキーがこれ↓
   DVC00032.jpg



これで終わると思いきや
出てきたよ、とっておきのヤツが。。
それがこれ↓
   DVC00014.jpg



いやー、これあれですよ。
よく言うじゃない?

 「これ○○年もののワインでねぇ」

みたいな。


そんなレベルのウィスキーさ。
1970年製造のやつ。
しかもこれSHERRY CASK

知ったかしってけど俺は知らなかったと、そのすごさ。
なんでもワイン樽に入れて作ったもの。
なかなか貴重な種類らしい(俺はよくわかってない

そんなこんなで知り合ったおっちゃんとツーショットも撮った。
   DVC00030.jpg



これで終わると思うじゃん?
終わらないから☆

だって気づいたらもはや終電なくなってたから


で、次に行ったのが六本木。
目的は…またもやバー

のはずだったんだけど、
お腹が空いたねってことでおっちゃんオススメの店に。
インド料理の店にね。

そんな時間にやってる店やったらさすがに普通やろ…


その考えが甘かった

ってかだって六本木じゃん。
言ってもさ。


そこが本当にうまかった!
そしてまたもやおっちゃんの顔の広さ炸裂。
めっちゃめちゃ人脈持ってる方らしい。

帝国ホテル行く前にも道でもと同僚の人に会ったんやけど、
すっげぇ慕われてたし。

今は自由に生きてるんたってさ。
世界を放浪してる人。


この日聞いた話はどれも興味深いものだった。
でも慣れないウィスキーの飲みすぎであまり覚えていない
失礼↓

ただこの言葉だけは覚えてる。

 「俺はどんなに飲んでも絶対に同じ話はしない。
  それが相手への最低限のマナーだから。」


って。

カッコイイ


結局俺らは朝まで一緒だった。


タクシー代、飲食代、すべてをおごってくれた。
それも会ったばかりの若いやつに、だ。
今後繋がるかどうかもわからないやつに、だ。


そんなおっちゃんの生き様に、
胸を熱くした俺だった。

最後まで読んでくれたあなたに感謝!


なにげない出会いって大事ですね。

おっちゃんとはそれ以降も連絡とってます。
スポンサーサイト
[2005.12.30(Fri) 21:29] ぷらーべーと de のぶ。Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by おっさんY
すげぇ.
人間力っうやつですね.でものぶ関西人じゃないじゃん
うそはだめですよ笑

by のぶ
いやいや、ちゃんと否定しましたから!
そんな否定などおちゃん聞いてなかったけど(笑)

コメントを閉じる▲

 ← 帰省の旅路 -田舎へ帰る電車で振り返った今年-。 | TOP | 踊らされるな、みずから踊れ!

COMMENT

すげぇ.
人間力っうやつですね.でものぶ関西人じゃないじゃん
うそはだめですよ笑
[ 2006.01.02(Mon) 15:53] URL | おっさんY #- | EDIT |

いやいや、ちゃんと否定しましたから!
そんな否定などおちゃん聞いてなかったけど(笑)
[ 2006.01.02(Mon) 18:18] URL | のぶ #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://knoblog.blog14.fc2.com/tb.php/97-2eb2af77
 ← 帰省の旅路 -田舎へ帰る電車で振り返った今年-。 | TOP | 踊らされるな、みずから踊れ!

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

CALENDAR  

のぶの興味@本。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。