TOP >
BACK | TOP | NEXT

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 2浪の真実。 

2007年06月08日 ()
こんちわ。

なんだかタイトルが昼ドラっぽい感じですが、
内容はいたってふつーです。


最近、自分らしさをばっちり展開中@職場。


防戦一方だった小生も、
時折先輩をいじれるほどに。


成長!


そうそう。

こないだ部長に言われてハッとした。




 「お前は2浪して、普通の同期より2年余分に生きてる。
  だけど、定年は他の同期と同じなんだ。

  ってことはだ。

  お前は2年分の差を今から頭に入れて、
  そんくらい高い意識でがんばってかねーとやべーぞ。」




と。


たしかに。


加えて。


本日とある技術者(権威!)とお昼を食べた。
今度出張に行く中国の現場のお話を聞く。


むちゃくちゃ人間味に溢れるあったけぇ人。


そんな大先生のお言葉をここに記す↓
これ、大切な備忘録。


 ・センスが大切!
  
  話し方、聞き方、着こなし。
  そのあたり行き届いてる人は、仕事も同じクオリティ。

  一流は、点ではなく面である。


 ・何にでも全力で!

 ・悪いことといいことの線引きは自分なりにしっかりと。


まぁ、いろいろあったんだ。


だけど全部書き出したら睡眠時間をめっちゃ削ることになるので、
酒の肴にするとでもしよう。
[2007.06.08(Fri) 07:21] 未分類Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 部長の背中。 

2007年06月03日 ()
こんばんわ。
夜中にランニングを始めたのぶです。


やっぱもうすぐ夏ですからねぇ。
いつまでもクマキャラではいられません。


やはり健全な魂には健全な精神が宿るというもの。
決して部長より腹回りが勝っていたからではなく。



家の近くにスーパーができたこともあって、
バランスよい食事と財布に優しい生活がようやく到来!



社会人生活もはや3ヶ月目に突入。
もはや4分の1が終わったわけですな。


そう考えるとあっという間!


その間、体重以外にも増えたものは多々あります。



たとえば…



*飲み会の幹事。
 (これがビシッとできればあなたの評価はウナギノボリ!
  新入社員の登竜門ですね。)

*合○ン。
 (結局のところ、どこの会社・業界だってまぁあるでしょ。
  新入社員のうちは。先輩に依頼されることも多々あり。)

*給与明細を見返す回数。
 (安○内閣はどんだけ新入社員から巻き上げてんでしょーか。
  ってか厚生年金とか引かれすぎ↓マジ財布は寂しい。。)

*ふと彼女が欲しくなる瞬間。
 (これ!特に飲みの帰りだとか、部屋で1人きりのとき!
  社会人には心のオアシスが相当重要だと実感。)


と、まぁ数え上げればキリがないです。


上司間の言い合いに板ばさみとなるのも、やはり新入社員の重要なタスク。



ってなわけで。



3ヶ月が経ちました。
社会人生活が。



予想以上に時間が過ぎるのが早く感じます。



仕事には慣れてきた。
できる範囲もどんどん広がってく。


が。


本来自分がやるべき作業は、
単にまわりの諸先輩がサポートしてくださってただけ。



仕事に慣れれば、本来やるべき業務もボンボン降ってくる。



これが実に愉快。
ランナーズハイみたいな感覚。



失敗は成長のチャンス。
そう考えて社内業務に努める。



これがこの3ヶ月。



そんな中、部長に連れられ、
部長が取締役を勤める子会社へ。



この日はなぜか車ではなく電車で向かった。



いつも愉快で豪快にしてロジカル。
時に厳しくも、あったかいうちの部長。



きっと限界なんてない。
まさに破格。パワフル。



憧れの部長である。



そんな部長と腹割って話せる移動時間。



自分の考えの浅さ、至らなさに直面しつつ、
部長の繊細さを感じる貴重な時間だった。



人脈とは何か?


人脈と友達は違う。
利害関係がはっきり意識されるのが人脈。


社交辞令だけでそう簡単に築けるもんじゃない。


この人脈をたしかに築くことが、
うちの部署ではすんげぇ大事。


相手は外国人。


日本のような媚びへつらいや、
社交辞令なんて何の意味も持たない。


そこで求められるのは、


  「人間力」と「win-winの関係」


まぁ、就活んときからすんげーよく耳にするこの言葉。


社会人になって感じるんだけど、
今まで当たり前のように使ってた言葉だったり、
考えてたことが、実はすげぇ大変なんじゃないかってことに気付く。



お客様思考/相手の立場に立つ。


これが大切なのは誰もが知ってる。
きっと接客業を経験した人なら、面接でもこの点を伝える人が多いはず。


でも…


メール1つとっても、ほんとに相手の立場に立ったアウトプットって、
意外とまったくできてないんだな。



そりゃ人によると思うけどさ。



俺は全然だったな。



工夫は好きなんだ。

だけどそれが必ずしも相手にメリットあるものじゃなかったりね。



でさ、そういうとこに限って自分のこだわりみたいなのがあって、
気付いててもなかなかそれを捨て去れない。



話はそれたけど。



人脈ってのはね、部長いわく



  「自分が困ったときに、困ったって素直に相談できる。
   そんな人間関係が人脈なんだよ。」



なるほど。


その人に人間的な魅力を感じなければ、
その人と組むことのメリットを感じなければ、
自分の貴重な時間を使って助けようだなんて思わない。



プライベートだったらその限りじゃないだろうけど、
ビジネスってお金を儲けてなんぼの世界やしね。



これは自分の中ではっとした部分。




あと1つこんな話。



サラリーマンが背負うべき最大の責任って何だと思う?



どんなに失敗したとしても、
たとえそれで会社が潰れたとしても、



サラリーマンとしての自分は、
その会社を去る(=辞める)ことで責任は一応果たせる。


倫理的な問題は置いといてね。



  「責任っていっても、会社を辞める程度なんだ。」



こんな話を聞いて、あなたは何を感じますか?




この言葉の裏にある部長の意図は2つある。



1つ、自分の責任は有限。
失うものなんてたかがしれてるってこと。


1つ、とはいえ辞めさせることなんて絶対しない。
だけど、それくらいの気概を持って働いて欲しいってこと。



自分の行動に責任を持つべきで、
その責任の重さをちゃんと理解しなくちゃまずダメなんだ。


ステレオタイプなヤツは不要だってこっちゃね。



失敗した場合に自分が背負うリスクの大きさを知り、
そこで尻込みして無難なヤツで終わるのか。


それじゃあ全然おもしろくないじゃんよ。


それより何より、それでも成し遂げたいことだったら、
そんだけ本気で頑張れることだたら、きっとタダじゃ転ばない。


かの有名な松下幸之助はこう言ってる。


  「失敗はない。
   なぜなら成功するまでやり続けるからだ。」



俺はまだ新人。

貢献できる部分も微々たるもの。
っていうかむしろお荷物じゃん。


失うものなんて何もない。


むしろ萎縮することなく、
勇んで駆け抜けていくことが俺の仕事。



上司も先輩もみんな言ってる。



 「お前にあるのは元気のよさと勢いだけだ。

  だけど、その勢いこそが大切なときだってたくさんある。
  勢いがないとうまくいかないときもある。

  丸く収まるな。どんどん自分らしくいけ。」


と。


3年ぶりの新人。


求められるは新しい風。


なかなか自分の言葉は上司には響かないみたいだけど、
あれこれ顔色伺わないストレートな言葉と姿勢は、
たしかに心に届いてるみたいだ。


来週末からは中国。
帰国してしょっとしたらバングラデシュにも行くことに。


自分のカラー全開で、
引き続き駆け抜けていきたい。


出口は見えない。


それでも今を全力で突き進まねば、
見えないものがたしかにある。


部長の背中。


おぼろげに我が瞳に映るその背中は、
きっと自分が成長するたびに違う何かを感じていく。


修練の時期である。
[2007.06.03(Sun) 07:20] 未分類Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ん?もう初出張? 

2007年05月24日 ()
配属されてはや1ヶ月。

社会人生活、ほんと時間が過ぎるの早いわ。


目的意識まじ大切。


いつか現地に行ったら、
今の知識をどう活用して価値を生み出すか。


そんなこと考えながら、
オペレーションベースでがんばる毎日。


そんな中、部長と二人で取り扱い商品を見学しに。

運転手は部長、仮免しかない俺は助手席。


はよ免許とらなね(^_^;)
残るは最後の学科だけやけど。


移動時間、部長とあれこれ語った。
現場に行きたいと懇願。


すると…


『林、来月出張に行って現場みてこい。』


待ち焦がれた現場。
いや~、テンション上がります。


して、行き先は?



『中国に行ってこい。』
(地名は守秘義務のため伏せますが)


はい。

うちの部では誰もが憧れる最先端の現場。


初出張は一人で中国に行くことにあいなりました(笑)


卒業旅行で行ったやん(^_^;)


来月10日から1週間、現場で戦ってきます。


9日から東京に遊びに行くはずが、
叶わぬ夢となりました↓


現場では作業衣着て泥臭くがんばってきます。

作業衣を着た商社マン。

もっぱら激痩せが期待されるこの出張。

行ってきまーす☆
[2007.05.24(Thu) 07:18] 未分類Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 君の夢、元気ですか? 

2007年04月09日 ()
どうも、のぶです。


今日の帰りの電車の話。

名古屋本社で研修中な俺ですが、
帰りの電車は名古屋発なので座れるんですよ。


これがラッシュ時となると…まぁしんどいわけです。


まさに帰りは至福のとき。
好きな本を読みながら帰るわけです。


そんな折、いつものように座席の端っこを陣取った俺。
その隣には若い女性が腰掛けた。


悪い気はしない。


  …30分後。


女性はすっかり俺の肩でおやすみ。
本を読むのが辛い体勢に。


これ、どうしていいかわかりませんね。



はい。



長い件になりました^^;



研修ももはや2週目に突入。


今週末には這い即発表がなされ、
さらに来週末にはもはや勤務地に引越し。


あっとゆー間じゃ。



就活生のみんなは佳境だね。

最近けっこー後輩のみんなから連絡をもらってて、
んでそれが自分のことのようにうれしくて。


切にみんなが納得いく就活ができるよに祈ってるわけです。


とりあえずまだ1週間ちょっとしか社会人やってないし、
まだ実務に携わってもいない俺ですが。


1つこんな話をしてみようかなと思うわけです。


不安で悩む人にはまた別に言葉を用意してるので、
個別にどーぞ。


それは、


どこにいったって、最後は自分次第ってこと。


どんなことだって、
全力でぶち当たらずして手にした経験はそれ相応。


高望みな自分の欲求に適うような、
びっくりするよな結果なんて…まぁこない。


第一志望に落ちれば、
そりゃ絶望にも似た感情を抱くでしょう。


自分はなんて不幸なんだ。
あのときあーしておけばよかった。


後悔は尽きず、
溢れ出てたはずの自信もどこへやら。


不安に押しつぶされそうになって、
自分の現状をただただ嘆く。


そんな人も中にはいるかもね。


でも。


大切なのは、自分の心。


環境はどうあれ、
自分に強い意志さえあればがんばれる。


がんばれば、
結果はついてくる。


どんな選択も、
自分の努力が伴わないと間違いになる。


それを環境のせいにして。
それを誰かのせいにして。


自分ひとりが悲劇の主人公をきどるよな、
そんな卑屈なスタンスにだけはならないでほしいなと。


まだまだ時間はあるんだし。


これから自分が変われば、
切り開ける未来だってあるはずだし。


だったら、
今がんばんなくていつがんばるんだろってね。




これは自分への戒めでもあるんだけどさ。




もうすぐ配属発表なわけさ。


まぁ、部門はどこでもいいし、
辞令を出された部署で思いっきりがんばるし。


へこたれるもんかと。


研修でうちの会社の話を聞く中で、
会社ってスゲーなってことを反芻してた。


まさに大企業は安住の地である。


将来は独立したいって思ってたけど、
正直それも揺らいだり。


モチベーションとは、
強い意志である。


どんな逆境すら乗り越える、
そんな強い意志である。














         俺の夢、元気ですか?














25年の歳月の中に、
幾度となく現れしロンドはこの命題。




ストイックな同期の姿に、
本気で自分を変える決意をした陽春の候。




甘き自分への決別。



明るき未来へのプレリュード。
[2007.04.09(Mon) 07:14] 未分類Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 25回目の春に。 

2007年04月03日 ()
大志を抱き、東京に渡ってはや6年。


早稲田に行きたい。


当時偏差値ボロボロの少年が、
本気で夢を追いかけ始めた6年前。


あれから24個の季節を越えて、
いつかの少年は名古屋に舞い戻った。


やっぱり、でっかい夢は胸に。


引越しの準備をしてもなお、
不思議と寂しさは感じなかったのに。


青春を思いっきり謳歌した東京を、
友達と笑い、語らった思い出の場所武蔵関を離れても。


まったく寂しさなんて感じなかったし、
ただただ目の前に広がる可能性に胸が躍ってた。


…のに。


今朝、6時半過ぎに地元の駅にて電車を待つ、
そんなふとした瞬間に、不意に切なさがこみ上げてきた。



    「もう、学生じゃないんだ。」



当たり前すぎる事実に気付くには、
あまりに慌しい3月だったみたいだ。


社会人初日。


やたらと書類を書かされた。


どうやら大企業は思いの他、待遇がいいみたい。
福利厚生・生協・カード・生損保・給与・労働組合…の説明。


あとはがむしゃらに働くだけ。


好きな仕事に就きたいって考えるんじゃなく、
好きになれるよに努力することが大切で。


天職なんて言葉に踊らされず、
めいっぱいがんばってみることが大切で。


その覚悟が問われた1日だった。


もちろん答えはYes。


こあっとを通じて伝えた思い、
今度は行動で示します。


そんな社会人初日。


いろいろ書きたいことあったんだけど、
まだ整理しきれてないからまた今度。


とりあえず、
個性豊かな同期に囲まれて、愉快な研修期間を過ごせそうだ。


研修は鬼のように退屈。。


個人情報保護法やらリスクマネジメントやら。。
頭がパンク↓


とりあえず会社のアドレスは発行されたんで、
知りたい人は個別に聞いてねー。


そんな自分、さっそくタクシー帰り(爆)
呑んで語って暴れてました。。


岐阜、マジでこの時間帯は電車ないですから↓
1時間に1本って…。。


実家通いは勘弁やから、
名古屋以外のぶしょにいいたいと切に願うのぶでしたー。


次はちゃんと書くわ。


13日に配属発表なのでまたそのあたりに。
[2007.04.03(Tue) 07:15] のぶの頭ん中。Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP | NEXT

PROFILE

ENTRIES

COMMENTS

TRACKBACKS

CATEGORY

CALENDAR  

のぶの興味@本。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。